関子嶺温泉でお昼ご飯

関子嶺1
関子嶺6

お久しぶりです。
東京は連日厳しい暑さですが、いかがお過ごしでしょうか。
6月の梅雨明け直前に台湾・嘉義あたりの話をしようと思っていたのですが、
東京のお盆ということで、つい怠慢してしまいました。

前回の話はというと、
台湾まで来て温泉に浸かってしまったという話だったんですが、
今日はその続きでお昼ご飯の話です。
迂闊な話だったのですが、
この関子嶺温泉、どこが中心なのかわからないまま、
温泉に浸かり、お昼ご飯を食べて、
のほほんとタクシーで往復してしまいました。
たぶん、温泉街とかお土産を売る店とか、
いろいろあったはずなんですが、
スパなんか入ったものだから、
あっという間に時間が経過してしまい、
なおかつ遅い昼ご飯を楽々と食べていたものですから、w。

で、そのお昼ご飯。

関子嶺1

炒麺をといったらこれが登場。

関子嶺2

湯麺をといったらこれが登場。

関子嶺3

お粥をといったらこれが登場。

関子嶺4

野菜の炒めものをといったらこれが登場。

関子嶺5

豆腐料理をといったらこれが登場。

これにビールとミネラルウォーターを頼んだら、
400元でした。
4人で1400円でした、苦笑。
ちなみに烏龍茶はもちろんただでした。

さらにいうと、この店で乾燥キクラゲを4袋買ってしまったのは、私達です。
1袋100元というお値段でした。


追伸
豆腐料理、たぶん、家常豆腐だと思うんですが、
なかなかこってりで旨かったです。

関子嶺7

完食でした、w。
スポンサーサイト
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する