肇慶の城壁を歩く

端州城壁1

城壁をこよなく愛すトルファンです。
中国のみならず、韓国もそして日本の城壁も大好きなんですが、
とうとう、端州こと肇慶の城壁にたどりつきました。
2月のとある日曜日の夕方のことです。

端州城壁2

とりあえず、朝天門から登ります。
久し振りに大規模な城壁にお会いしました。
でも、あまり観光地っぽくなくて、
近所の人の散歩道みたいな風情です。
時間が夕方だったせいなのかも。

端州城壁3

城壁の外側は大通り、宋城路というのですが、
なかなか開発されているのですが、
城壁に登り、内側を見ると、古い町並みが目立ちます。

端州城壁4

中には城壁と家が一体化しているようなところもあります。

端州城壁5

2月の夕方、そぞろ歩きもいいもんです。
Tシャツに長袖シャツ一枚でも全然寒さを感じません。

端州城壁6

さて、披雲楼が見えてきました。
近年、再建されたということなのですが、
夕方のせいか、あまり新しくは感じられず、
なかなかいい味をだしています。

端州城壁7

端州城壁8

ライティングも控えめで悪くないですねえ。
なにより、人がごそごそいないのがいい、苦笑。
あんまり観光コースではないのかもしれません。
あるいは、夕方がなせるわざかも。

端州城壁10

あらためて城内を見ると、
がれきと廃墟。

端州城壁11

いよいよ、城壁に沿って再開発が進むのかも知れません。

端州城壁9

残念ながらこの先、左に折れるとじきに城壁はおわりになります。
崩れたり壊れたりしていたわけですが、
どうも再建しようという意志はあるようでした。
数年後に訪れたら、かなり違った端州(肇慶)城壁の姿を見ることが出来るかも知れませんね。


つづく。
スポンサーサイト
テーマ: 中国へ行ってきました。 - ジャンル: 旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する