香港から肇慶へ...国境越え

肇慶へ2

2月の香港から広東ーの旅の続きです。

定刻通りホンハム駅を出た肇慶行き城際列車は、
九龍サイドを比較的スローな走りで行きます。
ホンハムから羅湖まではMRTの鉄路を走るからです。
ただ、九龍サイトも九龍塘駅を出ると、
一気に山が迫ってきます。

肇慶へ1

車内はというと、すごく天井が高いので、
ゆったり感があります。
私の想像なんですが、この車両、
もしかして、寝台車の改良版ではないか....。

それにしても乗客がまばらです。
日曜の11時発の列車はこんなものなんでしょうか。
途中、常平とか広州東とか仏山に停車するというのに。
10両編成ですからねえ。

肇慶へ3

さて、35分ほどかけて羅湖駅の到着です。
もちろん停車はしません。
これから中国国内に入ります。

肇慶へ4

中国との国境には、深圳河というどぶ河が流れていますが、
ここをゆっくりと通過です。
国境警備兵もいましたが、その画像は割愛させていただきます、苦笑。

肇慶へ5

歩いて国境越えをかつてしたことがあるんですが、
写真を撮ろうとしたら怒られまして....。
いつでも、中国の皆さんに怒られている私です。

肇慶へ6

そして、あっという間に深圳站です。
ここももちろん停まりません。
まあ、停まる意味もないでしょうが。
線路内に入り込むのを阻止せんと、
有刺鉄線も在りますねえ。

肇慶へ7

深圳站を通り過ぎれば、すぐに深圳のビル群に出会います。
香港側の国境とは大違いの大都会です。
ここから3時間と20分余りで肇慶に到着するわけです。

つづく。
スポンサーサイト
テーマ: 鉄道の旅 - ジャンル: 旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する