マンハッタンズは私のドライブミュージック

ToHotToStopIt.jpg

ふだん、うちにいるときは、
JAZZを聴くことが多い私なんですが、
さすがに車に乗るとなると、ちょっとJAZZはきついです。
そんなとき聴く音楽というと、
1970年代後半から80年代にかけて聴いた、
米国の音楽ということになってしまいます。
とくにソウルフルな黒人音楽はかかせません。
ここに登場しているマンハッタンズなんですが、
日本では「シャイニングスター」で名をはせていますが、
わたし的にはアルバムトータルで、
この「Too Hot To Stop It」がお気に入りです。
日本版のジャケットと米国版のジャケットはまるで違うのですが、
LPで買った80年代は、この画像のジャケットでした。
マンハッタンズというと、
一時期、バラード連発みたいなかんじでしたが、
このアルバムは、ミディアムな曲も多く、
アカペラももあったりして、
黒人ソウルグループの真骨頂と断言したいと思います。
なかなかアルバム全体を楽しむことが少なくなったですし、
LP、CDと通じていまだに聴いている音楽は数えるくらいしかないですが、
これだけは色あせない私の大切な1枚であります。

スポンサーサイト
テーマ: 音楽のある生活 - ジャンル: 音楽

コメント

  • 2017/03/24 (Fri) 19:21

    マンハッタン・トランスファーかと思いました。

    • アモイひろし #-
    • URL
    • 編集
  • 2017/03/24 (Fri) 23:30
    アモさん

    もう一度、70年代から80年代のソウルを是非聴いてみて下さい。
    もちろん、マンハッタントランスファーも素敵ですけど。

    なんて言っていたら、リック・ジェームスが聴きたくなった、w。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する