平渓線・十分駅にて

平渓線・十分駅にて4

昨年12月の台湾の旅の話です。

今回の旅は、台湾が初めてという同行者がいたので、
食事以外は、その彼に合わせて行動しました。
台北というと、まあ、夜市とか101しか、
ちょっと近郊となると、九份とか平渓線とか、基隆とかになるかと思います。
まあ、烏来とか北投の温泉という選択肢もありますが。

というわけで、桃園空港から台北市内に入り、
午前中にホテルに荷物を預けたあと、
お昼ご飯は、海南鶏飯などを喰いつつ、
松山駅から瑞芳経由で一気に平渓線の十分にやってきました。
もちろん、お目当ては瀑布なのですが、
それにしても、月曜日だというのに人が多くて、苦笑。

平渓線・十分駅にて5

人がいないのは売店の前だけでした、w。

平渓線・十分駅にて

というわけで、駅の近くで気になったのが、これ。
最初、なんだこの黄色い肉まんは....と思いましたが、
起司ってチーズのことなんですね、藁。

平渓線・十分駅にて2

当然、こういう場合は買って食べるのが基本行動です。
よくわからないのですが、熱々の肉まんにチーズがかかっていて、
どうしてべたべたした感じにならんのでしょう。

平渓線・十分駅にて3

肉まんそのものは、なかなか肉汁があって旨かったのですが、
意外とチーズが主張していません。
40元ということですから、台湾的にはとくに高値ではないです。
横浜の中華街的には400円オーバーでしょうから。
チーズ好きとしては、もう少しチーズ臭くてよかったかなと。

平渓線・十分駅にて6

それにしても、十分とか平渓では、いつから1年中ランタンを上げるようになったのでしょう。
私が初めて来たときは、ランタンのラの字もなかったんですがねえ。
それと、この日はやけに韓国人が多かったです。
圧倒的に日本人は少数派でした。

平渓線・十分駅にて7

最後に下り線ホームの端っこにいたのがこの方。
30倍ズームが見事に活躍してくれました。

つづく。
スポンサーサイト
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

コメント

  • 2017/02/02 (Thu) 23:36
    No title

    十分は、イベント好きの韓国人に人気の観光地になったので、今は、いつ、行っても韓国人だらけみたいですよ。日本人には猴洞のほうが人気ですが、十分は、韓国人には絶対、はずせないスポットのようです。昨年の5月に私が行った時も観光客は、ほぼ、韓国人でした。

  • 2017/02/09 (Thu) 08:42
    No title

    台湾とは10年来の付き合いがありましたが、一回ゴルフに行っただけでほとんど観光らしい観光はしたことないので、こういうネタは小生にとって深圳、もとい新鮮です。とゆーか、大陸の観光に慣れると日本や台湾のが箱庭的に見えてきて、スケール感としてちっぽけに見えてくるんですよね。大陸の場合は命の危険を感じることもありますし、まさにアドベンチャーやなぁと思いますもの。

    ところでこの猫、尻尾の先は曲がってないようですね。
    日本に南方ルートで渡って来た猫とは先祖が違うのかな。

    • こんばんわ切れ込みです。 #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する