今年を勝手に占ってみる....その3

f4d824b6ad2ef2894e6daaae26077305496cc8c0_p.jpg

今年に入ってから、東証の株価がかんばしくありません。
もちろん、トランプ当選以後、短期間で大幅に株価を上げてきましたので、
20日のトランプの就任式までは、様子見の投資家も多いとは思いますが、
この1週間だけ見ても、一方的に下げに転じているのはなんとも不気味です。
そもそも、トランプの当選以後の株価は、
円高株安になると吹いて回っていた経済アナリスト達は、
この年末までの株価や為替について、どう申し開きするつもりなんでしょうね、w。
わたしなんぞは、素人目に見ても、円が119円とか118円というのは、
あまりに実情から遠いのではと思っていましたから、
いまさら、113円台になっていることになんの不自然も感じません。
むしろトランプ的には、国内産業を保護するという理由ならば、
100円そこそこくらいがちょうどいいのではとも思ってしまいます。

さて、そのトランプ次期大統領ですが.....、
なんというか、今のところ政治家臭さをみじんも感じませんね。
徹底的に実業家、というかんじがします。
ツイッターで一方的にいいたいことを言い放って、
世界中の自動車メーカーをビビらせているわけですから、
まあ上手に米国大統領という権力をえげつなく行使しています。
トヨタを含めた各社は、まるで媚びているようにも見えてしまいますよね。
誰かツイッターでトランプにたてつく経営者はいないもんですかねえ。

昨年の秋頃までは、米国の連邦準備制度理事会のイエレンさんの顔色ばかりうかがっていた金融界や経済界なんですが、
ほとんどイエレンさんが霞んでしまっていますね。
そもそも、トランプは、イエレンさんとは馬が合わないようで、
大統領選挙期間中は、何度もイエレン更迭をほのめかしていました。
こんな無力そうな連邦準備制度理事会の総裁を見たことがないですね、近年は。
FRBの独立性もトランプに奪われてしまうかもしれません。
ツイッターでオレの言うとおりにしろと吠えるかも、苦笑。

大統領に就任しても、相変わらずツイッターでいいたいことを吠えつづけたりしたら、
ただでさえ敵の多いトランプのこと、
狂信的な人々の標的になったりするんではないかと、
つい邪推というか、性悪な予想をしてしまいそうです。
かつて、レーガン大統領も何度も狙われましたからねえ。
というわけで、可能性0.5%程度の予想なのですが、
2年以内にトランプ大統領は暴漢に襲われる、というのを掲げてみたいと思います。
ちなみに今年の経済予想ですが、すでに中国のブレーキが明確になっていますし、
米国の対日赤字というキーワードからすると、
100円くらいのドル円相場が当たり前になり、
なにか不測の事態が起きて、90円台前半まで円高になるのではという、
安倍政権にとっては最悪なシナリオもちょっと予想してみたりしています。
その不測の事態というのは、欧州のほうからやってきそうな.....。

というわけで、あまり説得力のない、根拠に乏しい予想でした、w。


スポンサーサイト
テーマ: 日々のつれづれ - ジャンル: 日記

コメント

  • 2017/01/18 (Wed) 22:04
    No title

    もうね、川普の露出が多くなるにつれ東証が下げる下げるw
    ここ一週間くらいで、小生はたぶん10万円は損してますね。
    逆に東芝で少し儲かっちゃって、世の中はかくも間違っております。

    んで、今々下げてるの大きな要因は、これはブレグジットの影響もあるので、すべてが川普のせいというわけではないんですけど、でも川普がしっかりしてればジットも関係ないはずなので、やはり川普のバケの皮がはがれてきつつあるな、と思うわけです。

    ただね、これまでバマが8年、当然彼も口では雇用を生むとか言ってきたわけですが、理念ばかりで実行が伴わなかったわけです。そういった、エリートの口から出てくるポリティカル・コレクトネスの胡散臭さを有権者は感じ取り、実際に実行に移しそうな川普に魅力を感じるのは当然ではあると思いますね。

    それと、希代の名経営者だったジャック・ウェルチや天才ジョブズだけに限らず、世界規模のCEOにはそれなりの人徳が備わっていたかというと、そうではなかったはずです。政治家、それも大統領となるとCEOとは違うという異論はあると思いますが、政治家とは究極に結果責任を負う商売ですから、人格や人徳、品性がいくら良くても結果がNGだったら評価は高くなりません。なので、それこそ口先介入だけでヨタから1兆円を引き出した川普って、やはりすごいな、とw

    • 切れ込んで切れ込んで #-
    • URL
    • 編集
  • 2017/01/20 (Fri) 22:57
    隊長殿

    東芝で儲けたって、また大きく下げたじゃない、藁。
    いったい底値いくらで買ったのよ、w。

    小浜に関して言うと、彼の時代に雇用が悪化したわけではないですし、
    むしろ、リーマンショックからの立ち直りが続いたわけですから、
    それほど雇用が悪かったとはいえないと思います。
    雇用のほうが少しずつ好転してきたからこそ、
    オバマケアを最大のテーマとして取り組んできたんだと思います。
    小浜の問題というより、雨の経済界に問題ありだったのではと思うんですよね。
    かの国は、ものを作るということを相変わらず怠ったきたせいではないかと思いますね。
    自国の中でものを作り、自国の中で消費するというサイクルを忘れているんです。
    こういうときは、小浜のような大統領より、
    川普のようなめちゃくちゃなリーダーシップがあるやつのほうがいいのかもしれません。
    まあ、小浜にしたところであの若さで、しかも上院議員の経験が一期だけだったわけですから、
    世間的にはまだまだひよっこの政治家から大統領になったわけで、
    そもそも雨の民衆は、政治家臭い政治家を大統領にするのを拒否しているのかもしれません。
    小浜の時もチェンジが合い言葉でしたが、
    結局、川普(トランプ)の場合もチェンジなのでしようね。
    これでチェンジ出来なかったら、雨は相当痛手でしょうね、w。
     

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集
  • 2017/01/22 (Sun) 22:45
    No title

    バマは、雇用は金融危機後から新規雇用を1000万人増やしたと威張っています。でも中身を見ると、実際は製造業の就業者数は減っており、それ以上にサービス業の雇用が増えたがゆえの雇用増なんです。

    要はもうお分かりと思うのですが、製造業というのはサービス業に比べて職は安定しており、そもそもユニオンに歴史があるし、それなりにパワーも持っていたわけです。ですが、製造業から離れた雨の労働者は、結局、賃金水準が相対的に低いサーブス業で働かざるを得なかったということになります。これのループと積み重ねの連鎖反応が、川普に票が流れた大きな一因なのは言うまでもありません。

    肝心の製造業が海外に逃げていった理由にしても、それこそが行き過ぎたグロバリゼーションの影響なのですが、そもそもお墨付きを与え、グローバル化を正当化してきたのがバマ・ミンスだったワケです。だから職がメヒコやアジアに流れていったの原因は、そもそも政治にあったといえるわけですな。

    考えて欲しいのは、そもそもバマが総統になった8年前から、有権者は既成政治家に対し辟易していたのではなかったでしたっけ? だからこそ、若くて黒くて政治経験の浅い、いわば(当時としては)大統領候補として縁遠そうなバマが選ばれたわけです。そしてスローガンも「チェンジ」だったわけで、そもそもその時から、アメリカ国民は変わりたかったワケじゃないですか。

    んで今回は、更に大統領どころか、そもそも公人として失格で、更に政治経験の浅い...というか皆無な人物が選ばれたわけですが、それはそもそもバラク・オバマの政治が、結局はチェンジだなんだと言ってても、なんら8年前と変わり映えしなかったことの証拠であって、小生に言わせれば、その選択は結構論理的な解だと小生は思うんですよね。

    そして持論No.2ですが、一般論として、労働者ん中で一番生活が苦しいのはシングルマザだと小生は思っています。要は、彼女らのように本当に生活が苦しい人達が、何党の誰を支持するのかと考えた場合、おそらく今の苦しい世間を作り上げたミンスを今更支持はしないと思うんですな。生活に本気で困窮した人にとっては、とにかく政治的倫理が如何よりも、職を確保し、賃金を上げてくれる人、これが最優先だと思うんですよ。とすると、やはりなんにせよ職を斡旋してくれそうな川普がよさげなんじゃないか、と思った人は大勢いたと思いますよ。

    ところで東芝、また大きく下げやがりまして、実は銘柄ベースで今小生が持ってる株では一番損をコイてますw 一日傍観してただけでもうj手が付けられなくなってしまいましたw 川普さん、ボクのTOSHIBAをどうにかしてくさいw

    • 切れ込んで切れ込んで #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する