ハノイの市場、そして雲呑麺

東河門10

今年の6月、ハノイの旅の続きです。

朝もはよから精力的に動く私ですが、
この日も7時半頃、オールドシティゲートの前にいました。

東河門7

ホン河の岸辺からは、このゲートをくぐって旧市街に入ったのでしょう。
ドンスアン市場もこの門のすぐ近くにあります。

東河門1

というわけで、朝ご飯の時間です、w。
今朝は、まさに中華料理です。
ハノイは、かつて河内と呼ばれていた中華圏ともいえるわけで、
サイゴンよりははるかに中華の影響を受けています。

東河門2

朝は汁物もいいなあというのが、
わたしのパターンなので、つい雲呑麺です。
なんと三万ドンです。
スープは鶏出汁のあっさり系、
雲呑は食べ応え有りの肉肉系。
朝の一杯には申し分ない美味しさです。
さらにもう1杯食べたなんて、
とてもじゃないが言えません、苦笑。

東河門4

腹が満足したあと、
市場あたりを散策します。
このあたり、アジア特有の雰囲気が漂ってます。
なんだか、なにしているのかわからん兄ちゃんが一杯いますし、
なんとなく人余り状態です。

東河門6

ベトナムでは、このさつま揚げ系をよく見ます。
まるでパンのように売ってますが.....。

東河門9

スッポンのみなさんも売られています。
これもアジアでは見慣れた景色です。

東河門5

たらいに生きた魚というのもアジアの市場そのものです。

東河門8

路上でなにげにさばいてしまうのも、
またアジアなんです。

そういう点では、
日本はアジアから遠く離れ切ってしまったのかもしれません。
朝から市場....がやめられないのでありました。


というわけで、6月のハノイは、
このあたりでとりあえず幕引きしたいと思います。
スポンサーサイト
テーマ: ベトナム - ジャンル: 旅行

コメント

  • 2016/12/21 (Wed) 22:11
    No title

    三万ドンと言われると、思わず「やっぱ半人前で結構っす...」と言いたくなるのは小市民の貧乏根性がゆえでしょうか。三十元だと二杯も三杯もイケそうな気になるんですけどねw

    今から10年くらい前ですかね、小生が初めて越南に行ったのも河内でして、行く前に、「20年前の広東省みたいやで」と台湾人の老板に聞かされておったのですが、良い得て妙と言いますか、ウマいこと言いよるもんやと、確かになんとなく90年代の深圳の第二国境のそのまた奥の風景と似ていたんですね。

    今はもう河内も相当開けてきていると思うんですが、やはりああいう風景、さすがに今の中国ではオメにかかるのも珍しくなっておりまして、既に「懐かしの風景」化してますからね、越南にも興味はわいてくるのであります。ただ言葉がなぁ...。

  • 2016/12/23 (Fri) 23:05
    No title

    3万ドンに慣れる頃には、
    だいたい帰国の時、と相場は決まっていまして、苦笑。

    隊長がいうように、
    越南でも河内と西贡というか胡志明とは、
    基本的に違う土地だなあというのは実感しますね。
    もちろん、胡志明には、ショロンという中国人町がありますが、
    やはり、中国系というよりは、
    明らかに東南アジア系の匂いがしますね。
    河内(ハノイ)にしたところで、
    旧市街はフランス的な匂いが紛々なんですが、
    食べているものを見ると、
    圧倒的に中華系なんですよね。
    ホーチミンは、街のあっちこっちにフランスパンのサンドイッチの屋台をみかけましたが、
    ハノイの旧市街は、じっくりと探さないとみつからないくらいでしたから。

    ですから、ハノイの旧市街を歩くのは、
    なんとなく中国をうろつくのと似た感覚になりますよね。
    これで多少なりとも言葉が通じるといいんですが、
    ハノイでは、まったく中国語の匂いすらない。
    むしろ、日本のひらがなのほうが目立ったりして、w。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する