フレンチのレストランなのですが.....

Rue Lamblot3

6月のとある昼下がり、
ハノイ近郊の農村散歩を楽しんだ商店街のおじさん達は、
ハノイに戻り、ランチを取るべく、
ホアンキエム湖の西側にある、
フレンチ&ベトナムレストランへ行きました。

Rue Lamblot2

Rue Lamblot1

おもいっきりおしゃれなレストランにおじさん達6人は不似合いではありましたが、
のどの渇きがはるかに先行していまして、
取るものとりあえず、涼しいところで一服...状態でありました。

Rue Lamblot4

しかし、メニューののっけからおしゃれすぎて、
結果的にベトナム料理ばかり頼むこととあいなりました。

Rue Lamblot5

とりあえず、誰が頼んだのか、厚揚げが出てきました。w
ブン・ダウというのですが、熱々の登場はなかなか旨かったです。
ブンとはお米の麵のことを指します。

Rue Lamblot9

こちらはブン・チャーですが、上品な味付けでした。
ダックキムの下品な味わいの方を私は支持しますが。

Rue Lamblot6

これもすでに食べている料理です。
雷魚の唐揚げです。
チャー・カー・タン・ロンです。

Rue Lamblot7

ついでにハノイに来てからフォーをたべていなかったので、
牛のフォーと鶏のフォーを注文しました。
わたし的には牛のフォーが美味しかったです。
ベトナムに来て、やはり、フォーを食べるとほっとします。

Rue Lamblot8

最後に何か茄子の料理をという強引なリクエストを店側に伝えると、
不思議な茄子料理が出てきました。
揚げた茄子に、辛さとトマトっぽさが際立ったミートソースをかけて、
なおかつ揚げタマネギをかけた、
イタリアンというかそんなかんじの料理が登場しました。
じつは、この日のランチで一番気に入ったのはこれで、
フランスパンを注文し、私がきれいにたいらげました。
ウェイターを含めて接客態度のいい、はずれのないとても気分のいいお店でした。
お店の名前は「Rue Lamblot」です。

つづく。
スポンサーサイト
テーマ: ベトナム - ジャンル: 旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する