ヒラリーはなぜ勝てなかったのか

banner_uselection2016_620_200.jpg

米国の4年に1度のお祭りが世間的には番狂わせというやつで終わりました。
わたし的には、たとえメール問題が再燃しなくても、
かなりヒラリーにとって厳しい戦いになると思っていたので、
今回のこの結果について、衝撃というものはほとんど感じませんでした。
日本で報道されているネタといえば、
トランプに否定的なものが多くを占めていたので、
逆になんだか偏りすぎだなあという印象を早い段階から持っていました。
このブログでも以前、
「トランプの政策を考える」
というタイトルで肯定的にトランプについて少しふれてみました。
それが今年の3月の段階だったわけですから、
私の天の邪鬼振りはかなりのものだったと思います。苦笑。

それにしても、驚くのは、ヒラリーの不人気振りです。
これは私の想像を遙かに超えていました、藁。
結局、ヒラリーは、あまりの長い間、メインストリームを歩き続けてしまったせいなのでは、
そんなふうに思ったりしています。
彼女の唯一の挫折は、オバマに指名選挙で負けてしまったことですが、
そのとき、すでに今日の敗北の芽はめばえていたのかもしれません。
なにしろ、8年前のオバマといえば、
演説は確かにうまかったですが、
それでも、上院議員としてはまだまだヒヨッコだったはずで、
知名度も政治的キャリアでも、オバマよりヒラリーのほうが上だったはずです。
しかし、ヒラリーは負けてしまった.....。
そのヒラリーをオバマが国務長官として拾い上げたため、
彼女のダメージは、なんとか押さえ込まれていました。
ある意味、挫折は挫折として生きなかった、といえるように思います。

今回の民主党の指名選挙でも、
あのサンダースじいさんに接戦に持ち込まれるほど、
ヒラリーの不人気振りは変わらず米国民の中に残っていました。
本来、目立った対抗馬がいない今回の民主党指名選挙では、
ぶっちぎりで勝たなくてはいけなかったはずです。
そう言う意味では、当初からまったく期待されていなかったトランプが、
時間の経過とともにのし上がっていったのとはとても対照的です。

ヒラリーが途中で焦り始めているなあと思ったのは、
オバマ大統領が盛んにヒラリーの応援に登場しはじめた時からです。
現職大統領があそこまでひとりの候補に肩入れするというのは、
そうめったにあることではありません。
しかも、驚くことに、ファーストレディたるミシェル夫人まで動員したのは、
いよいよ追い込まれたなあという印象を私に与えました。
大統領選挙において、芸能人を大量に投入するというのは、
まあ、米国ではよく行われるパターンではあり、
ヒラリーの場合も最後の最後まで投入し続けましたが、
トランプはほとんどそういう戦術を取りませんでした。
まあ、トランプにはそういうお友達が皆無だったせいなのかもしれませんが、苦笑、
それでも、向こうの派手な戦術を意に介さず、
暴言連発とはいえ、自分の言葉で、しかもわかりやすい言葉で、
そして、小泉純一郎的な、w、ワンフレーズの繰り返しで、
ふつうのおっさんやおばさんに語りかけていたのとは、ヒラリーと比べて好対照でした。
メキシコとの国境に壁を作るとか、駐留米軍の撤退とか、
そもそもこういうことは、米国のふつうのおっさんやおばさんが疑問に感じていたことなので、
政治の素人たるトランプが吠え出すと、
ついトランプに対して親近感を感じてしまうのかもしれません。

ヒラリーは、本当に米国のトップを目指すのであれば、
どこかで100%とは言えないまでも、50%くらいはイメチェンを図らなければいけなかったのだと思います。
残念ながら、最後まで有能な米国でナンバーワンの女性政治家という姿を、
米国民に提示し続けてしまったわけです。
こういう姿を長い時間さらし続けるということは、
負の作用が高まってくるということを考えるべきだったのではと思います。
結果的に上から目線の暖かみのない高慢な職業政治家というイメージを、
しっかり米国民に植え付けてしまったとしたら.....。

まあ、そうではなくても、ヒラリーには、政治的にグレーな部分がかなりありました。
クリントン財団などは、マジで突っついたら何が出てくるかわからない、苦笑。
その点、トランプは政治的に素人ですから、
政治的なグレーなんてどこを探してもないわけで、
せいぜいあるとしたら、女性に触ったとかなんだくらいの話ですから、
単なる与太話程度ですんでしまうのでしょう。

今回のヒラリーの敗北で、米国における女性大統領の誕生という未来は、
かなり遠のいてしまったように思います。
米国というお国柄は、女性のトップというものを、
まだまだ受け入れる土壌が出来ていないのかもしれませんね。
スポンサーサイト
テーマ: 海外ニュース - ジャンル: ニュース

コメント

  • 2016/11/10 (Thu) 05:59
    女性大統領は早かった

    そうなんだろうなあと思います。
    そういう面ではサンダースの方が勝負になったかもしれませんよね。

    いくつかの州しか見てませんが、州内選挙区別の得票を見ても、都市部はヒラリー、田舎はトランプという傾向があったように思います。
    バトルフィールドと言われたオハイオ、ノースカロライナ、ニューハンプシャー、フロリダ、ネバダ、アリゾナ、ユタでも、ヒラリーはほとんど勝てなかったのは驚きでした。

    クリントン財団はかなりキナ臭いのは確かですが、NJやFLで州政府相手に借金踏み倒しを呑ませようとしたり、過去何年も"合法的に"税金払ってないとかトランプもかなり"賢いやり方(本人談)"でおカネには汚いはずなんですけど。

    FBのアメリカ人のコメントを見ていても、教育レベルや教育に対する意識の高さと今回の投票行動がかなりシンクロしているなあと思います。
    もし女性候補がヒラリーでなかったら、女性候補が勝っていたかと考えると、そんなことはないと思います。
    女性だからというのは主な敗因ではないと思いますが、一つの理由ではあると思うのです。
    アメリカは黒人大統領はOKだったけど、女性大統領を選出するにはまだまだ早かったってことですね。
    やっぱり教育をしっかりつけなきゃあきませんねえ。

  • 2016/11/12 (Sat) 22:54
    プク殿

    私もヒラリーよりは、サンダースの方が勝負としてはおもしろかったと思います。
    なんだか正反対の場所に立っているサンダースと寅ですが、
    考えていることは非常に近いわけで、
    もしかすると、おもしろい政策論争が出来たのではと思います。
    とはいえ、サンダースが寅に勝てるかというと、やはり無理なように思います。
    サンダースも寅も、現状に憤りを感じている人々をターゲットにしていますが、
    よりターゲットの幅が広いのは寅のほうでしょうし、
    そもそも、サンダースじいさんは、少し社会主義の匂いが強すぎます。
    日本では、サンダースじいさんは十分に許容されるでしょうが、
    米国では、ギリギリのところで排除されるタイプかなと。
    ガラスの天井という言葉が、常に意識されている米国では、
    「赤」もまた、いつまでも意識される言葉なのかなと思っています。

    ヒラリーは見事に負けましたが、
    またしても得票数は、ヒラリーの方が多いという、
    どうも、日本人、否、米国人以外は釈然としない結果が出たわけですが、
    米国のマスコミは、このことを何とも感じないんでしょうかね。
    まあ、雨のみなさんは、自分たちの制度がベストだと考えているのかもしれませんから、
    そんな反省もないのかもしれませんが。

    反省といえば、米国・日本も含めて、
    寅が勝ったら経済が大混乱するとさかんにマスコミのみなさんはあおってましたし、
    ウォール街のみなさんもそんなことほざいていましたが、
    実際にどうなったかといえば、NYは最高値更新、藁。
    こういうわけのわからない、えげつないことをやっているから、
    雨のふつうのおっさんやおばはん達は、ストレスが蓄積してしまうのでは、苦笑。
    株をたしなんだことがある私としても、まったくたいていにせえよといいたくなります。
    教育云々というのも大切なのかもしれませんが、
    その前に、ウォール街を代表とするマネーゲームのいかがわしさ、
    なんとかならんのでしょうかね。
    いずれ、先進国は痛い目に遭うと思いますよ。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集
  • 2016/11/24 (Thu) 14:49
    No title

    すべての選挙は、基本的には人気投票だというのが小生の持論でして、今思えば、その基本に立ち返り忠実に見ていれば、今回の結果もさして驚くほどではなかったのかな、と。

    そもそも小生自身、もし雨公だったらこのオッサンに投票してると何回も言ってますけど、それってやはりこのオッサンには、何かどこかしら抗いがたい魅力のようなものがあるからじゃないかしら。多分、失言や暴言という、大統領になるには明らかな失点と見なされていたものが、実は彼の最大の魅力だった...としたら皮肉なものですね。

    でも考えてみたら、小泉もそうですし、上に立つ人とは、少しばかりヌケてるというか、分かり易い欠点があり、人間味があることが実は必要条件なのかもしれません。

    一方でこのBBAですけど、有名大卒のエリートで勝ち組で、長い事中央政権の、これまた中枢にいたという、絵に描いたようなエリートのどこにシンパシを感じるというのかw そういう人は、実務家タイプのNo.2に居るほうが、他人にも自分自身にとっても幸せなんだと思いますね。

    • キレコミ☆タイチョウ #-
    • URL
    • 編集
  • 2016/11/25 (Fri) 22:38
    隊長殿

    選挙が人気投票だという意見、
    禿同です。
    だとすれば、票数がヒラリーより200万票も少ない寅が大統領になるというのは、
    あまりにも理不尽な話でして、苦笑。
    もちろん、米国がユナイテッド・ステーツであるからこそ、
    連合国家であるからこそ、それが許されるのでしょうが、
    それにしても、この州という単位の重さというか、
    米国における位置みたいなものをまざまざと感じたのは、
    ヒラリーやサンダース、そして、寅のおかげだったのかもしれません。
    我々、日本人はどうしても州知事なんて県知事程度のものとしか思わないでやり過ごしてしまいますが、
    全然そんなもんじゃないんですね。
    大統領候補に州知事が多いのもわかる気がします。

    いうまでもないですが、
    やはり、ヒラリーは面白みがないんでしょうねえ。
    というか、あまり友達にはなりたくない、藁。
    寅は、金持ちの、しかもボンボン上がりのくせに、
    妙にふつうのおっさんぽいところが如実にしみ出しており、
    そういうところが票を集めた要因なんでしょうが、
    だからといって、総得票数はヒラリーに負けているわけで、
    ほぼ1年馬鹿騒ぎした結果がこれだとすると、
    4年後は......???....なのです。
    まあ、おもろいお芝居を見せていただいた感が非常に強いわけですが、藁。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集
  • 2016/12/05 (Mon) 14:10
    No title

    まず、選挙人制度という前時代の遺物を未だに採用している以上、得票数の多い・少ないを議論んしても全く意味が無いと思うんですよね。

    調べてみればわかることですが、選挙人制度を未だに採用している最大の理由は、マイノリティの意見が政治に及ぼす影響を無力化さす為です。州としての態度を決してから大統領選ぶとか、衆愚の政治に与える影響をミニマイズするとか、連邦議会の影響から大統領を引き離す為、というのはまさに建前でしかありません。ですから、各州に割り当てられた選挙人を人口比率に基づく数値に修正する「微調整」はあり得るでしょうが、マイノリティに政治的発言力を与えるかの如き憲法の修正は、今の状況下では小生はあり得ないと思ってます。
    つまり、膨大な死票は出るし、落選者の得票数が当選者のそれを上回るという逆転現象が起きる制度なのですから、この辺はあまり論点ではないわけです。

    結果として今回の大統領選では、大勢の予想に反してリベラルが負けて国民の半分以上が絶望感に襲われているわけですが、そもそもリベラルがマジョリティで正しい価値観だと、誰が決めたんでしょうかね。それって希望的観測であり「思い込み」だったんじゃないでしょうか。その思い込みを生んだのが、社会的断絶だと小生は思うんですな。

    即ち、リベラルの先鋒である民主党や、世論を引っ張るメディアは、地頭が良くリベラル思考であるがゆえ、理論的に正しい自分らは正しくて当たり前であり、正しいがゆえそれは勝つと思い込んでたのではないかと。

    自分たちの論拠は正しい、正しいから相手も納得する、だからこそ勝てる、というのは非常におこがましく、高慢な印象を与えることが多いと小生は思います。そこを大衆はヒラリーから嗅ぎ取り、Noを叩きつけたのではないかと思うんですね。

    小生が少々薄ら怖いのは、アメリカの今は日本の将来だと言われることで、実際にそうだということなんですな。アメリカだけでなく、世界は今右向け右に倣って皆が右に向いています。そうなると、日本も右傾化が鮮明になるのでしょうか。右傾化とは、対中国の態度が鮮明になるのでしょうか。移民はもとより、在日外国人への排斥が際立つのでしょうか。2020を迎える日本がアンチ外国人に傾くのは理にかなわないのですが、理にかなわぬ道を行くのが最近のスタイルなのであれば、それも一つの選択肢、リスクではありますね。

    • ~ Captain☆kirekomi ~ #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する