またしてもハノイの夕食

Quán Ăn Ngon1

6月のハノイの旅の続きです。

ニンビンから帰ってきまして、
その暑さと日差しに少々まいっていた我々ですが、
夕食は、ゆっくりと食事をしようと、
ホテルのフロントで、ベトナム料理のいいお店を紹介してと聞いたら、
このレストランを紹介されました。

着いてみて、お店の名前の看板みたら、つい苦笑いしてしまいました。
「Quán Ăn Ngon」

3年前、ホーチミンで入ったレストランと同じ名前でした。
しかも、涼を取りたかったのに、蒸し暑きオープンエア、w。

Quán Ăn Ngon2

というわけで、定番を食べてしまいました、藁。

Quán Ăn Ngon6

もしかして、これも定番.....藁。
おなじみ、パイン・セオ。

Quán Ăn Ngon5

こちらもハノイでは定番かも。
上品なチャー・カーです。
いわゆる雷魚の唐揚げです。

Quán Ăn Ngon7

そして、これもハノイのあっちこっちでお会いできる、
イカのフライです。
スウィートチリソースが定番のようです。

Quán Ăn Ngon8

じたばたしていたら、お姉さんがはさみで切ってくれました。

Quán Ăn Ngon4

なぜか、サイコロステーキみたいなのを注文してしまいました。
中国だと、この手の牛の焼いたのは硬くてペケなんですが、
意外と柔らかくて甘辛くて上出来でした。
フランスパンに挟むとなぜか旨さ倍増。
追加注文してしまいました。

Quán Ăn Ngon3

じつはもうひとつ追加注文したのがこれ。
タマネギと蒸し鶏のサラダなんですが、
妙にいい味出している塩と黒胡椒、そしてねライムがベストの組み合わせでした。

というわけで、
中国語ならメニューもこなせるのですが、
ベトナム語や英語だといまいちよくわからず、
結局、今夜も定番ばかり食べてしまいましたとさ、藁。

つづく。
スポンサーサイト
テーマ: ベトナム - ジャンル: 旅行

コメント

  • 2016/11/09 (Wed) 12:54
    No title

    今はそれほどではないのかもしれませんが、一時期はHKも結構ナム料理が流行っていて、小生がHKの事務所に行くと、一時期は必ずと言っていいほど昼食はナム料理屋さんに連れて行かれたものでした。まぁ正直言って、香菜と薄味とやらが大嫌いな小生にとって、ナム料理はあまりクチに合いませんで、やはり油ギットリな四川料理ってサイコーやな、と。

  • 2016/11/12 (Sat) 23:00
    隊長殿

    ベトナム料理が薄味というのは、隊長の間違った概念かもしれませんよ。
    庶民の料理は、やはりどこの地域へ行っても、それなりに濃い味です。
    労働者は塩分を欲しますから。
    ただ、香港あたりと比べると、酸味のある料理が多いのは確かです。
    そもそも、香港人が薄味好みになっていて、
    それで、香港に進出したベトナム料理もそれに合わせて薄味になってしまったのでは。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する