サイゴン行きSE5列車の車内弁当

SE5列車3

6月のハノイの旅の続きです。

じつは車内販売があったんです。
そんなことならパインミーのテイクアウトなんぞしなければ良かったです、w。
考えてみれば、SE5列車はサイゴン行きの長距離列車なんですから、
あってしかるべし...ではあるんですよね。
ついでに食堂車があるのか、探りを入れるべきだったんですが、
弁当販売に気を取られて、つい忘れてしまいました。

SE5列車4

広い車内といえども、
弁当販売の画像をゲットしようとする愚か者は私くらいなもので、
販売服務員の方には多大な迷惑をかけた...としか思えません。
まあ、ベトナムのおかあさんは、苦笑いをしていましたが。

SE5列車2

ラインナップは、鶏チューリップの煮込み、
さつま揚げっぽいの、
ソーセージの焼いたの、
豚バラ肉の煮込みなんかです。

SE5列車1

同行者が時間もないのに....じつは、
ニンビンの駅の到着まであと10分ほどだったんですが、
ついつい掻き込むべく買ってのがこれ。
30000ドンですから150円くらいです。
正直いいますと、お肉、美味しかったです、w。
濃いめの味付けはもちろんですが、思いの外柔らかかったですし、
八角とかそういうののくせもありませんでした、って、
人の弁当の味見している奴がひとり、藁。


かくして、ほぼ定刻どおり、
ニンビンの駅へ滑り込みます。

ニンビン駅0

つづく.....。
スポンサーサイト
テーマ: ベトナム - ジャンル: 旅行

コメント

  • 2016/09/13 (Tue) 09:21
    No title

    それにしても、越南の電車って素晴らしいですね、便所も車内販売も清潔です。
    旧宗主国の中国のそれと相当違うじゃないですか、ねぇ。
    中国の車内便所なんかもう床はションベンまみれだし、そもそも便所なんかもう、動物園のニオイがしますものね。気絶した人間もイッキに飛び起きそうなほど強烈ですもの。
    どうしてこう、中国って便所がこう、汚いのかなぁw

    今の中国のこういう車内販売はどうなんでしょうかね。
    和諧号の社内販売はワゴンサービス方式で、日本の新幹線がそうであるようにかなり清潔なんですけど、和諧号は所謂「新幹線」ですからね、現代の在来線の社内販売が如何になったかを見てみたいものですね。20年前の食堂車もすっごい汚かった(小生は食中毒になりました)し、弁当もいわゆる「Bukkake」で、ウマいとは言えなかったなぁ。唯一、加熱してあって出来立てだったからまだ食えたようなものの。

    • 切れ込み☆隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2016/09/14 (Wed) 22:22
    隊長殿

    旧宗主国なんていうと、ベトナムが怒りますよ、汗。

    それにしてもです、ベンチシート板張りにもかかわらず、
    本当に車内は小綺麗にしているんです。
    トイレだって古いボロいトイレなんですけど、でも清々しいくらいきれいになってます。
    お弁当だって、中国みたいにいいかげんに作ったぶっかけ飯一種類だけではなくて、
    ワゴンに数種類のおかずを載せてチョイスさせてくれるわけですから、
    中国よりも数段安心ですし、
    そもそも、食べることに丁寧で貪欲です。
    聞くところによると、朝は熱々のフォーを振る舞ってくれるとか。

    鉄道に乗ると、中国のサービスの遅れ加減を実感してしまいますな。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する