ベトナムの夜、クアン・アンというレレストラン

くあんあん4

突然、ハノイの話になります。
6月にハノイに3泊してきました。
いろいろなものを喰いまくってきましたが、
到着初日の夜は、ホアンキエム湖の北側、
Hàng Cân通りにあるベトナム家庭料理のレストランに行きました。
クアン・アンというお店です。



くあんあん3

入り口はこんなかんじです。
これだけでも十分に怪しげですが、
この通路のちょっと先に階段が有り、
その階段の上、2階がレストランなんですが、
これがもうほとんど秘密のアジトというか、
まるっきりのベトナム人のお宅でした、w。

1990年代のガイドブックに書かれていたレストランで、
現在ではネット上にはほとんど登場していない、
隠れ家以上の隠れ家的レストランです。

くあんあん1

ホテルから近かったので、
わたしが散歩ついでに予約しておいたのですが、
予約した7時半、誰もお客さんはおらず、
レストランの人々もくつろいでTV見てました、汗。

くあんあん2

まずは、青菜の炒めものから。
ニンニクが効いた中華的炒めものでした。
意外とパンチの効いた味でご飯が食べたくなりました。

くあんあん5

越南的イカのてんぷらというかフリッターというか。
塩・胡椒の下味が付いたフライなのですが、
ビールにはもってこいでした。

くあんあん6

牛肉の黒胡椒炒めです。
牛肉に薄く衣を着けた中華というよりは欧風っぽい味わいでした。

くあんあん7

こちらは鴨のオレンジソース煮込みです。
まるでフランス料理ですが、
ちゃんとフランスパンもやってきました。
フランスパンがまた美味しくて、ソースとのからみがとてもいいんです。

くあんあん8

そして、メインがワタリガニのタマリンドソースです。

くあんあん9

同行者は遠慮していたのか、お腹いっぱいだったのかわかりませんが、
今回ののクアン・アンの料理の中では一番美味しかったです。
タマリンドソースは初めてだったんですが、
これがまたフランスパンと抜群の相性なんです。
ハノイに立ち寄ったらこれだけでも食べたいと思わせるひと品でした。
これにビールも8本飲みまして、6人で154万ドンでした。

秘密結社的隠れ家レストランなんですが、
この怪しげさがたまらんのです、藁。
スポンサーサイト
テーマ: ベトナム - ジャンル: 旅行

コメント

  • 2016/09/13 (Tue) 09:32
    No title

    このイカのフリッタや肉の黒胡椒炒めとかオレンジソースで肉を煮込む料理ね、これはマレーでも結構よく出てきます。海南鶏飯と同様、東南アジアではどこでも食べられるポピュラーな料理なんでしょうかね。

    ところでこのタマランドソース?って何なんでしょうかね。もしかしたら食べたことあるの料理なのかもしれませんが、カレーっぽくて二代目ならではの逸品ではないでしょうか。アツアツのカツが乗ってないのでイラついたでしょう?

    • 切れ込み☆隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2016/09/14 (Wed) 22:47
    No title

    タマリンドって、豆科の植物だそうで、果実を食べるんです。
    果実そのものを食べたことはないんですが、
    話によると、柿と梅干しを足して割ったような味だとか。
    酸梅湯みたいな味かなあとも思います。
    ソースの色がまるでハヤシライスみたいなのですが、
    確かにこのソース、適度な酸味があります。
    タマリンドは、タイ料理やフィリピン料理でも登場するようなので、
    やはり、東南アジアではメジャーな食材なのかも知れません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する