飯泉山勝福寺に行ってみる

飯泉山勝福寺1

先日、30℃超えの暑さの中、
突然、小田原へと行ってしまいました。
50歳を軽く越えますと、
なんだか信心深くなったりして.....ということではなくて、
新車も買ったことだし、
走り回るための口実なんかが欲しいという、
当初、非常に不謹慎な動機で始めた板東三十三観音巡りなのですが、
回るうちにちょっとづつ仏心が多少なりとも宿ってきたのか、
なかなかどうして、どっぷりとはまりまくっています。
今回の勝福寺、第五番札所なんですが、
山門が海側に面していまして、
しかも、すぐ脇を酒匂川が流れていまして、
もちろん、東海道からもさほどそれていませんで、
門前のかつての賑わいを感じさせるようなたたずまいでした。

飯泉山勝福寺2

三十三観音巡りをやってますと、
札所のお寺の山門には、仁王様がけっこうにらみをきかせていたりします。
三十三観音巡りなので、本来は観音様を拝みにいくもんなのでしょうが、
なかなかご開帳してくれているわけでもなし、
本堂に鎮座されていても、暗くて見えなかったりで、
残念なことが多いのですが、
最近は、ほとんど関心が山門の中にいる仁王様の方に向いています、w。
この勝福寺の仁王様、
ちょっと漫画チックに思えちゃうというと怒られますかね、汗。

飯泉山勝福寺4

それにしても、天気が良すぎまして、
よく反射してカメラポジションが少ないこと、苦笑。
赤い本堂というのもなかなかないのでは....と思うのですが、
意外と三十三観音のお寺には、朱塗りの本堂があったりします。

飯泉山勝福寺3

本堂の中の欄間の彫り物をなにげに見たら、
天女っぽいのですが.......汗。
中国の石窟、敦煌とか大同とかなんですが、
よく天女が描かれていますが、
欄間の彫り物となるとなかなか珍しいのではと、勝手に思っています。

いよいよ、三十三観音巡り、はまりだしたなと実感しています、苦笑。

スポンサーサイト
テーマ: 神社・仏閣巡り - ジャンル: 旅行

コメント

  • 2016/08/11 (Thu) 03:16
    No title

    やはり昔から、天女というと腰に布は巻くし、胸は腕で隠すのがお決まりなんでしょうかね。
    これが人間の本能というヤツなんでしょうか。
    インディオとか、ほとんど丸裸に近いんですけどねぇ。
    でも、逆に丸出しにされると有難味が無くなる、という...w

    人間って、難しいですねぇw

    • Captain☆Kirekmi #-
    • URL
    • 編集
  • 2016/08/11 (Thu) 21:00
    隊長殿

    確かに裸族の皆さんには、たぶんお会いしても浴場出来ないと思います。
    へたに裸になられるくらいだったら、
    下着とかビキニの方がずうっといいです。

    ていうか、崇高な三十三観音巡りのお話に、
    裸族の話はどうもねえ.....。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する