ハノイのとある朝、気温30℃、そして、雲呑麺

ハノイ26

とある6月ハノイの朝、
旧市街は、すでに7時過ぎで30℃になろうとしていました。
そんな朝に、東京からやってきた品川の野郎どもが、
ふらふらと街を彷徨いつつ、
一軒の雲呑麺の店に向かいいました。

ハノイ27

MY PHO というこの店、
朝は6時半から営業しているのですが、
我らが訪れた時、
中学生くらいの細身の男の子が、
厨房の母親らしき人ともに、
店を取り仕切っていました。
この店は、
67A Hang Bong St という場所にありまして、
グーグルマップだと靴屋さんが写っています。
我々が泊まったクオックホアホテルからほぼ真南、
歩いて5分ほどでたどり着きます。
ちなみにグーグルマップだと6分ということです、w。

ハノイ25

さて、肝心の雲呑麺です。
謎の野草というか青野菜がのっかってますが、
ちゃんと薄切りのチャーシューが存在していますし、
なにしろ、雲呑がプリプリで下味しっかり、食べ応え有り、
しかも、スープが広東的鶏出汁で、
あっさりとはしているんですが、こくが深くて、
どこぞの蘭州牛肉面なんかより格段の旨さです。
かくして、4万5千ドン、230円ほどでありました。
スポンサーサイト
テーマ: ベトナム - ジャンル: 旅行

コメント

  • 2016/07/28 (Thu) 23:03
    No title

    ベトナムの物価、めっちゃ上がってますね~。私はフォーよりホーチミンのフーティウ派なんですが(コシがある)、これはおいしそうです。

  • 2016/07/29 (Fri) 15:28
    No title

    南に行けばいくほど味は薄くなるんでしょうね、もう広東風ナンタラ汁...
    と聞いただけでもう食う気がなくなりそうです。
    なんかどんぶりに入ってるの草もアヤシイだしw

    とはいえ、雲呑はウマいですよね。
    どこからが雲呑で、どこからが餃子なのか。
    まして中国だと餃子は水餃子。
    尚更雲呑と餃子の境目が曖昧ではないでしょうか。

    あと、雲呑麺があるんですから、餃子麺があっても不思議ではないはず。
    でも、餃子麺は見かけません。
    不思議だ...w

    • 切れ込み♡隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2016/07/29 (Fri) 22:16
    No title

    フーティウって、基本は豚出汁で、
    ホーチミンにいたお姉さんにいわせると、
    カンボジア系なんだそうですね。

    私は鶏出汁が好みなんで、
    どちらかというと、平打ちのフォーが好みです。
    この雲呑麺は、ベトナムでいうところのミーなのでしょうが、
    明らかに中華系ですね。
    この雲呑麺、海老雲呑なのでちょっと高めかもしれません。
    とはいえ、ふつうにフォーを食べても、
    4万ドンくらいが相場になりつつあるみたいです。

  • 2016/07/29 (Fri) 22:20
    隊長殿

    この雲呑麺、スープはそんなに薄くはありませんでしたよ。
    といっても、隊長と私の味の基準がまるで違っていたら、
    お話にもなりませんけど、w。

    雲呑と水餃子の決定的な違いは、
    その皮にあるんただと思います。
    水餃子の皮は、少し厚めでもちもちしていた方が美味しいですから。
    雲呑はつるっとしたのどごしと、
    それに反比例した具の存在感ではないかと。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する