2016年7月12日の常設仲裁裁判所の話

ちょっと気になることがありましたので、
記録しておきたいと思います。
気になることというのは、南沙諸島のことです。
先日、7月12日にオランダ・ハーグの常設仲裁裁判所は以下のような裁定を下しました。

中国が南シナ海のほぼ全域で領有権を主張する独自に設定した境界線「九段線」には
国際法上「歴史的権利を主張する法的根拠はない」と認定する裁定をした。
また、中国が南沙諸島などで人工島の造成などをしている岩礁はすべて「島」ではなく、
「岩」または満潮時に水没する「低潮高地」であると認定する裁定も下した。


スプラトリー諸島(南沙諸島)には排他的経済水域、
大陸棚を有する国連海洋法条約上の「島」は一つも存在せず、
例えば"Itu Aba"(太平島)、"Thitu"(パグアサ島)、"West York Island"(ウェストヨーク島)、
"Spratly Island"(チュオンサ島)、"North-East Cay"(ノースイースト島)、
"South-West Cay"(サウスウエスト島)などは「岩」であるとの判決を下した。


南沙1
台湾 太平島

南沙2
ベトナム チュオンサ島

南沙3
マレーシア スワロー礁

南沙4
フィリピン パグアサ島

南沙7
中国の人口島


みんな岩だということなんですが......
というか、みんなそれぞれ実効支配しているんですね。


南沙5

まるで5カ国で陣取り合戦しているようですね。
一番最後にしゃしゃり出てきた中国が一番やる気十分のようですが。汗

で、気になるのは、我が国のこちらです。

南沙6

素人目に見ると岩以下.....略、汗。
とりあえず、この沖ノ鳥島、
はやく滑走路を作った方がいい、苦笑。
もちろん、尖閣にも.......汗。




スポンサーサイト

コメント

  • 2016/07/24 (Sun) 22:45
    No title

    そうなんですよね。
    これも何故かマスゴミが真実を正しく報道しない案件の一つですよ。

    係争中の南沙諸島、実はこの地域において中国陣営は出遅れ組なんですよね。
    だから中国の立場からすると、「皆がやってるようにオレ達もやって何が悪い」
    ということなんでしょうけど、中国てのは、あの地域の全てを自分の領海だ
    と言って譲らないトコロが周囲との軋轢を生んでるのワケです。

    ところで、何で習近平って自分で退路を断つようなやりかたをするんでしょうかね。
    もっと含みを持たせて、後ほど如何様にも取れるように、
    腹芸をキメることはできないのでしょうか。

    安倍ちゃんもそうだし、トランプもそう。
    もっと言うと、国民投票でBrexitを判断させた英政府だってそう。
    敵か味方か、という二者択一でもって相手に迫る、ってあんまし賢いやり方
    とは思えないんですけどね。

    • 切れ込み❤️隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2016/07/25 (Mon) 22:05
    隊長殿

    中国が情けないのは、w、各国が実効支配を続けている中、
    つい最近まで何も出来なかったことです。
    太平島なんか戦後すぐに中華民国が支配をはじめ、
    そのまま、台湾政府に引き継がれたくらいですし、
    あの前総統の馬さんも、退任直前に太平島に行ってますね。

    結局、つい最近まで中国は、大陸国家だったということなのでしょう。
    陸の境界線の紛争がかなり続いたので、
    海の境界線まで余裕がなかったのでしょうし、
    そもそも歴代の中国王朝は、海への関心が薄くて、
    南沙のようなはるかかなたの海洋に浮かぶ岩礁みたいなのに、
    関心を持つようなことはなかったんだと思います。
    まあ、海南島が精一杯ということで、藁。

    だからこそ、歴史的につべこべいったところで無駄だと言うことは承知しているわけで、
    さっさとあいているところがあれば、実効支配しちゃいましょ、なのでしょう。
    いずれにせよ、とっとと既成事実を積み上げ、
    実効支配してしまったもん勝ちというのが、この世の常ですから、
    日本が遠くから南沙について吠えたところで、
    遠吠え以下だと思います。


    それにしても、隊長がいうように、
    近年、二者択一的とうか、白黒的というか、
    丁半博打的な政治行動が多いですよね。
    習近平なんかを見ていても、なぜそんなに極端に振れようとするのか、
    そもそも、中国って、ファジーだったからこそ、
    一党独裁資本主義がとりあえず運営出来たわけでしょう。
    共産党内ではそんなに極端にならざるを得ない状況なのでしょうか。
    我が安倍晋三のほうもなんだか腹芸無しのワンパターン。
    こちらもなにか差し迫ったものがあるとでもいうのでしょか。
    あるいは、両者は似たもの同志、
    習近平は毛沢東を意識しすぎ、安倍晋三はじいさんを意識しすぎて、
    歴史の名を残そうと焦っているのかも。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集
  • 2016/07/26 (Tue) 15:34
    No title

    だから、この仲裁所がそういう判断を下したところで、
    まずもって中国がおとなしく「はいそうですか」と従うはずがないわけです。
    そんなの日も雨も百も承知なワケですが、なんでこんな茶番劇するのでしょうかね。

    小生思うんですが、もう雨はこんなワケのわからんトコにクビ突っ込みたくなく、
    やることだけやって、言う事だけ言って、既成事実化して逃げたいんじゃまいか、と。
    まして次世代の超大国になるのが決定的な中国と、誰が喧嘩したいのでしょう?

    だから埋め立てて岩や浅瀬を島にすんのはもう目をつぶるけど、その辺にしておいて、
    後は周囲にちょっかいを出すのはやめてくんろ、ということで手を握ってるはずなんですよ。
    だのに、周囲もオレのものだ、とか言い出すのがよくわからない。
    これじゃあまとまるものもまとまらんでしょうにね。

    • 切れ込み♡隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2016/07/27 (Wed) 22:25
    隊長殿

    まあ雨の場合、次期大統領は、トランプかもしれませんから、
    というか、トランプだと思っているので、藁、
    南沙には首を突っ込まないと思いますね。
    安倍さんは盛んにコミットしようとしていますけど、
    あんまり深入りすると、
    トランプに梯子外されますよ、ホント。

    クリントンおばあさんになったところで、
    中国からお金もらっていそうですから、
    やっぱり梯子はずされたりして、汗。

    ただ、雨の軍部がだまっていなかったりして。
    そーと、この地域に戦力を起き続けたりしてね。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する