台南の昼食...煲仔飯(ポーザイファン)

台南の昼食7

2015年台湾縦断の旅のつづきです。
今度は、台南でお昼ご飯ということになります。
場所は、駅の向こう側、成功大学のさらに東にある、
IN’S飲食坊というお店にお邪魔しました。

台南の昼食6

看板がなければ危うく通り過ぎてしまいそうな、
普通のお宅の改造版のようなレストランです。

台南の昼食8

店内はすっきりとした小洒落たたずまいです。
男二人で入るのは....汗。w

台南の昼食1

料金は、この旅で食べてきたどのお店よりも高めです。
ただ、香港式釜飯すなわち煲仔飯と、
海南鶏飯があるというのは、なにものにも代えがたい、苦笑。

台南の昼食3

いつも思うんですが、台湾や香港は鶏が美味しいんです。
ここも鶏を上手に蒸し上げているので、
鶏らしさがしっかりあふれ出ますし、柔らかくもなく堅くもない、
絶妙の仕上がりです。
ご飯も鶏のエキスたっぷりでうれしくなります。

台南の昼食4

あつあつの煲仔飯の登場です。
これにお店特有のたれをかけまわして、
焦がしの香りをたたせます。

台南の昼食5

すぐにスプーンでかきまわしまして、
香りがさらに立ってきたらいただきます。
焦げがたまらなく食欲を誘うんです。
お肉の濃いめの味付けと言い、申し分がない煲仔飯でした。

台南の昼食2

今回初めてまともに肉骨茶も頂きました。
漢方っぽいですね。


レストランでゆっくりと紅茶と杏仁豆腐を味わったあと、
ホテルに戻り、
自強号で高雄に向かい、さらに地下鉄で一路空港へ。
気ままな台湾縦断の旅は、これにて大団円であります。
スポンサーサイト
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する