南投県集集で夕食を...

集集で夕ご飯2

また、昨年の11月の台湾縦断の旅のネタに戻ります。

とりあえず、南投県の集集という不思議な名前の田舎町にたどり着きまして、
さて、夕ご飯でもと うろついたのですが、
見つけたのは肉圓のお店だけ。
さらにうろついたら、じつはありました食堂が。

集集で夕ご飯1

台湾の食堂でいつも助かるのは、
こういう伝票みたいなメニューをくれることです。
食べたいものに数を書き込めばそれでいいわけです。

集集で夕ご飯5

とりあえず、台湾では私の定番、揚げ鶏巻を注文します。

集集で夕ご飯3

青菜炒めも.....。
なんだか魯肉飯の肉みたいなのがかかってます。

集集で夕ご飯6

沙茶羊肉もつい頼んでしまいました。
沙茶は沙茶醤のことで、台湾に多く見られる調味料です。
ピーナッツや五香粉とか干しエビとか辛み調味料を混ぜて発酵させたたれです。
台湾でこの調味料の入った料理を頼むと間違いないです。

集集で夕ご飯8

竹筒飯という聞いたこがないのがありましたので、
試しに頼んでみました。
まあ、ちまきみたいなものでした。

集集で夕ご飯4

やはり台湾各地の魯肉飯は必修ということで、w。
上のオレンジ色の物体は、お肉の台湾版佃煮とでもいいましょうか。
個人的にこれにお会いできるとは思わなかったので、
ホクホク顔になったのは言うまでもありません。

集集で夕ご飯7

そして、山の中だけどハマグリのすまし汁です。
これがどうにもこうにも絶品でした。
とにかくハマグリの味わいというか新鮮さと柔らかさ、
そして、汁そのもののうま味は、
いまだかって台湾で味わったことのない、
日本でもなかなか味わえない旨さでした。

集集で夕ご飯9

どうも餃子や麺が売りの店で、
まるで違うものを食べてしまいましたが、
はずれのないなかなかのお店でした。
集集へ行く人、とくに泊まる人なんかそうはいないと思いますが、
田舎町侮り難しなのであります。
スポンサーサイト
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する