集集線・夜の駅

集集線・夜1

昨年11月の台湾の旅の続きです。

海外旅行、私の場合、いまだかってツアーで旅行をしたことがないもので、
ちょっと違う形の旅をしているという自負があります。
これは海外だけに限ったことでは無いですが、
地方都市や町の小さな駅の夜が大好きなんです。
こんなところまで来てしまったんだなあという感慨は、
こういうときに得てして私の場合はおきてしまいます。
この台湾の集集線の場合もまさにそれです。

集集線・夜2

まして駅舎がこんなかんじですと、もうたまらんです。
思えば遠くへ来たもんだ...という気分満載になります。

集集線・夜3

集集線・夜4


集集線の車埕の駅も1日の終わりをけだるそうに待っているお客さんと、
レイジーなホームの灯りがいいんです。

集集線・夜5

夜7時前なんですけど、都市では考えられないくらい静かな山間の駅です。

集集駅

こちらは集集站の様子です。
観光客らしき人は皆無。
昼間の喧噪はどこえやら....。

集集站

町が素に戻っている時間を味わえるのは、
フリーの旅の醍醐味ともいえます。

スポンサーサイト
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する