台中からローカルバスの旅

台中から集集へ1

昨年11月の台湾縦断の旅の続きです。

台中駅前から900メートルほど歩いたところに
干城バスターミナルがあります。
といっても、見た感じバスターミナルがどこにあるかわかりませんでした。
が、なんとなく通りを眺めていましたら.....。

台中から集集へ2

なんだか総達客運と書かれた文字が....。
専用の待合室というか切符売り場のようです。
今時流行らないブラックなサングラスをしたおばちゃんを横目に、
「集集まで行きたいんだけど.....」
というと、
「早く着くバスは13時30分発だよ。」
と、にやけながら教えてくれました。
なんでも、各駅停車のバスと、高速を使って一気に集集方面へ行くバスと、
2種類あるようです。
同じ色のバスなので間違えるなよと言われました。

台中から集集へ4

赤い色の素敵なバスがやってきたのですが、
それは乗り過ごして、次にやってきた同じ赤色バスに乗り込みました。
このバスは水里というところに行くバスなんですが、
途中、集集の町中を通るのです。
台中から集集まで125元ですから480円くらいですかねえ。

台中から集集へ3

さて、総達客運のバスは、台中市内を大回りして高速に乗り、南東方向、
濁水、集集、水里へと向かいます。
この3つの町ですが、ローカル鉄道の沿線の町です。
近年、台湾でもローカル鉄道の旅が人気を博していますが、
このローカル線...集集線というのですが、
土日となるとけっこうな人出になるという話です。
というわけで、ローカル線には乗らず、ローカルバスに乗った結果、
乗客が5人というすさまじい、w、結果になりました。
5人のうち二人は私と連れの整体師、
そして、一人は濁水で降りましたので、
水里まで乗って行ったのはふたりだけ、という、
ちょっとうら寂しいけど心穏やかなるバスの旅となりました。


つづく........。
スポンサーサイト
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

コメント

  • 2016/02/01 (Mon) 09:52
    懐かしの台中駅前のホテル

    昔、台湾に通っていた時、台中駅前の富春ホテル(確か、こんな名前でした)。小さなカウンターに日本語ができるおばあさんが座っていて、
    いつも宿代をまけてくれました。私もようかんなどを土産に持っていくようになったのですが、もう亡くなられただろうなあ…。

    台湾のバスは、本当にデラックスですね!

  • 2016/02/01 (Mon) 12:07
    No title

    台湾は、知る人ぞ知る大型バス(以下「大バ」)の天国ですよね。
    大陸中国も、ある意味大バの天下ではありますが、アソコはただ単に大きなバスが延々と走っているだけ。台湾の場合、大陸に比べたら遥かに小さなエリアを網羅すべく特化した、いわば台湾ならではのバスが凌ぎを削り合っていますからね、奥が深いですよ。

    以前、まだ台湾高鐵ができる前、新幹線が島を縦断すると、最も影響を受けるのが大バではないかと、社を挙げて懸念してた20代の頃を思い出します。当の台湾側は、新幹線ができても影響は限定的、とタカをくくっていましたが、案の定というかなんというか、台湾新幹線は大赤字ですからね。やはり現地の事情を日本の感覚で判断するのは危険ですw

    集集で921はもう過去の話になりつつあるのでしょうか。
    小生が台湾で最も世話になったの都市が、台北ではなく台中だたり南投県でしたので、台中近辺に土地勘はあるのですが、思い起こせば、台中であの地震の件はもうほとんど過去の話になったのか、誰も話題にすらしませんし、そもそもその痕跡が無かったですからね。20歳未満の人は、ほとんど知らないのも当たり前なのかもしれませんね。

    • Capitan☆Kirekomi #-
    • URL
    • 編集
  • 2016/02/02 (Tue) 18:13
    No title

    xingziさん
    台中で富春ホテルですか。
    きっと、おばあちゃんは浙江人の血を引いているのかもしれませんね。
    台湾にいる老人と日本語を話すとついほんわかしてしまいますよね。

    台湾はホントいいバスが増えています。
    桃園空港から出る国光客運のグレイハウンドもついに廃止になりましたねえ。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集
  • 2016/02/02 (Tue) 22:06
    No title

    隊長殿
    私も台湾はバスの使い勝手がいい国だと思ってました。
    じつは、今回の旅、できる限りバスを使って高雄まで行こうということで、
    いろいろ調べてみたのですが、
    そもそも、台中から嘉義までのバスががないんです。
    しかも、嘉義から台南まで行くバスもない、苦笑。
    もしかすると、バス路線の探し方がまずかったのかもしれませんが、
    早い段階でバスで縦断はあきらめました。
    都市間中長距離バスなら、もしかすると日本のほうが上かも。
    台中や台南から田舎町へとというバスはちゃんとあるんですがねえ。
    赤字とはいえ、これも台湾新幹線の影響なんでしょうか。

    さて、921のことです。
    正直言いまして、通り一遍の旅だと、南投地区の地震の爪痕みたいなものはあまり感じられません。
    たとえば、集集線の駅舎なんかはリニューアルされていましたし、
    倒壊したままの家屋なんかありませんでしたから。
    しかし、たとえば、地震の爪痕を記した公園があったり、
    送電線が傾いたままになっていたりと、
    なにげにそういうものは今も残っています。
    もうあの地震は歴史の一部になってしまったのでしょうね。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する