昨今の株式市場についてつぶやいてみる

落下

ちょっと気になっているので少しつぶやいてみたいと思います。

今日も東京の株式市場は3.71%の下落で16,416.19まで落ち込みました。
昨年の同時期、16800くらいでしたから、この1年はなんだったんだ状態です。
市場関係者やエコノミスト、はたまたマスコミのの多くは、そして、政府の閣僚まで、
この株の下落は中国経済が失速していることと原油安のせいにしていますけど、
そうなんでしょうかね。
今日のアジアの市場を見てみると、下げ幅が一番大きいのは香港です。
その次に日本なんですが、
このふたつの市場があまりにも下落のスピードが速すぎます。
アジアの市場はこのここのところふたつに引きずられているといっていいかもしれません。
上海市場はというと、たぶん、政府が陰に陽にてこ入れしているみたいで、
3000ポイントを境に上下しているといったかんじです。
おそらく世界の金融関係者は、上海に関しては、
悪化すれば政府がなりふり構わず介入してくることを承知しているんだと思います。
今、下落幅が拡大している香港と東京に関しては、
株価を食い止める手段を持ち合わせていない、と踏んでいるのではないか.....。

黒田バズーカが有効でいられるのは半年がいいところ、
というのが、2回目の金融緩和でわかってしまったわけです。
さかんに黒田さんも経済界もそして麻生さんも
日本のファンダメンタルズは悪くないと口をそろえていますが、
設備投資も伸びない、消費も伸びない、という状況で、
そんなに簡単に悪くないと言い切れるのか、まさに、? です。
しかも、政府・与党は軽減税率を決めて消費税アップを進めようとしています。
この状況でどうして消費が増えるのか、
私のような素人でも、マスコミ・財界・政治家は何を言っているのだろうと、
不思議に思ってしまいます。
その上で、1億総活躍社会といわれてもねえ。
老若男女みんなで働かないともう危ない社会なのかと、
つい愚痴をいいたくくなります。
現段階では、欧州も全面安、各国軒並み2%以上の下落です。
そもそも、ドイツを筆頭に欧州もまたファンダメンタルズはいいとは言えないでしょう。
ドイツなどはVWの問題が尾を引いてとてもじゃないが、
欧州を牽引していく力などないはずです。

安倍内閣のこの3年間、
マネーゲームは盛り上がったけれど、それでどうしたんですかの3年間になりつつありますし、
下手を打つと奈落の待っている1年間になってしまいそうな、
そんな空気が漂い始めているのではと思う次第です、汗。
スポンサーサイト

コメント

  • 2016/01/21 (Thu) 00:10
    No title

    まぁね、短期的には小生の言った通りの展開になってますでしょ。
    実際、景気悪いですもの、グローバルで。

    但し不思議なものですが、ドメスチックには、景気の指標はさほど悪くは無いんです。
    小生の前職でも、景気は良いので先々の見通しは明るい、と予算を組んでいた同僚がいました。
    小生がチャイナに行って見てきた限りは、そう楽観視できる状況ではなかったですが。

    例えば、今日発表のあった大学生の就職率ね、これが6年連続で80%超えてるんだそうで。
    8割がまぁ就職できる、ってそうそう日本も捨てたものじゃあありませんね。
    しかも、基本的に日本は今、全体的に人不足の傾向があるとのことで、
    為政者が強気に出るものまぁ分からんくも無いですね。

    それでも、やはり日本の景気は世界に少なからず左右されますので、
    今後の一年は、かなり厳しい決算を覚悟しないといけないと小生は思います。
    ざっくり言えば、輸出というか、グローバルが弱いですから、酷ければ半分、平均で3割ダウン、
    そのくらい需要(≒注文)は落ちると覚悟しておいたほうが、精神衛生上いいと思います。

    仮に3割、売り上げが減る、株価が下がる、それが一年つづく、
    そういうシミュレーションをしてみて、果たして自分のビジネスが生き続けられるのか、
    或いは息の根が止まってしまうのか、それくらいのストレステストをしておくべきでしょうな。

    • 切れ込み♡隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2016/01/21 (Thu) 20:39
    No title

    隊長殿
    大学生の就職率って、何を分母にするかで率が全然変わるんです。
    よく政府が発表する大学生の就職率というのは、
    基本は、分母が就職希望者、分子が就職者です。
    これだと、当然と言えば当然ですが90%以上の就職率がたたき出せます。
    統計によっては、分母を大学卒業者数にするとところもありますので、
    これだと70%に満たない場合がほとんどです。
    経済指標として大切なのは、これらの就職率よりも、
    むしろ、何人の人が就職できたかという就職数だと思います。
    平成24年度  37万人
    平成25年度  38万3千人
    平成26年度  39万7千人
    平成27年度12月現在  35万2千人

    上の数字を見る限りは、順調に大学生の就職者数を増やしているように見えます。
    しかし、この数字を見ただけで経済指標が上向きと考えるのはちと早すぎだと思います。

    同じ厚労省の資料の中に、新規学卒者の離職状況という項目があるのですが、これを見ると、

    中学、高校、大学の卒業3年後の離職率は、それぞれ65.3%、40.0%、32.3%となっています。
    (いずれも平成24年3月卒業者)


    大卒の30%以上が3年以内に離職してしまうわけです。
    近年、非正規雇用が急増しているのは隊長も知っていると思いますが、
    この30%以上の人々は明らかに非正規雇用予備軍です。
    もちろん、企業では早期退職も奨励していますから、
    そもそもの正規雇用が減れば、景気がどうであろうと企業は、毎年新規雇用を増やさざるを得ません。
    また、企業の人件費削減のテクニックとして、早期退職を奨励し、新人を増やすというのは、
    当然、行われていることだと思います。

    大学生の就職というひとつのキーワードをひとつ考えても、
    政府の発表することを精査すると、いろんな側面が見えてくると思います。

    人手不足というキーワードももしかすると、違う側面から見ると、
    まったく別の姿が見えてくるかもしれませんよ。

    日本の景気がいいのかどうなのかは、やはり一義的には消費がどれくらいアップしているか、
    それに注目するのが一番だと私は思います。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集
  • 2016/01/21 (Thu) 23:58
    No title

    就職率でいえば、仰る通りです。
    但し、毎年同じ計算方法でやってるなら、その数値が安定しているということは判断材料として有用だろう、と思ったのですが、毎年違う方法で就職率出してるんですかね?何かがオカシいですね。

    ベテランを切って新人を雇い、アタマ数の帳尻を合わせる方法ですが、これについては異論大ありです。なぜなら、それができる世界とそうでないのとがあるからです。例えば、和菓子屋さんだって、職人大勢切って新人に切り替えたところで、商売にはならないでしょう?小生らの仕事も、本来は付加価値を生み出すトコですから、経験の浅い素人が来たところで、正直言って戦力にはなりません。数は少なくても、経験豊富なベテランのほうが役に立ちます。要は、それでも切らねばならぬほど、切らなきゃ全員が共倒れで死ぬからこそ尻尾を切るワケです。そこまで切羽詰まっているときに、首切りはするもんだし、業績上げたい時こそ、ベテランに頼るべきなんですがね。

    それと早期離職についてですが、これはある意味仕方のない事です。やめさせられるのではなく、辞めていくわけですから。「自分に合わない」「こんなはずじゃない」と辞めていくのはいつの時代にもいますよ。要は、それでも死なない、ということじゃないでしょうか。豊かさゆえだと思います。

    いずれにせよ、世界が危機的状況に陥ると日本が買われるのはもう常識の範囲の話で、今更解説の要は無いと思います。そらそうです、(大きく伸びることは無いけど)成熟した、世界三位の経済圏が、ノホホンとしてソコに存在してるわけですから。それだけ日本は恵まれてると思いますよ。

    • 切れ込み♡隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2016/01/22 (Fri) 22:25
    No title

    隊長殿
    日本がすごいなあと思うのは、
    よくいう失われた10年とか20年を経験しているのに、
    いまだ世界第3位の経済力を保持していることです。
    そして、なにか危機的なことがあれば、日本買いが起こるというのも、
    この国の底力だと思います。
    しかも、ドルを大量に貯め込んだまま、なかなかはき出さないでいる、w。
    前にも書きましたが、失われた10年20年を経験している分だけ、
    他国よりも不況に強い国だとも思っています。
    さらにいうと、節約とかエコとかいうことに美徳する感じており、
    どちらかというと、大量消費に懐疑的な民族であるということ。
    このあたりの経験や感性が世界の最先端になったらおもしろいと思うんですがねえ。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集
  • 2016/01/25 (Mon) 00:05
    No title

    確かに、何か世界的な危機が起きると円が買われるというのは日本人として誇らしいとは思います。
    似たような通貨には英ポンド、スイスフランがあるわけですが、彼らが米ドルやユーロと違うのは、そこまで大きな市場規模ではないことです。やはり独立性があり、経済力が底堅く、施策的に信頼性が高いという「安定性」が売りだと思います。

    そしてもう一つ大事なのは、小生は、産業で一番効率がいいのは「金融」だと思います。
    つまり、金融業が一番手っ取り早くカネを稼げ、影響力の大きい産業だと思います。英ポドン、スイスラフンに信用があるのは、実はそれぞれの金融市場の実力に裏打ちされたものだと小生は強く思います。

    即ち、日本が今後も世界的に一線級の地位に居続けるには、金融業の実力強化が必要不可欠だと思うんですが、日本人って、技術屋を崇拝し、金融屋を忌避するアレルギーが強いですからね、もう少し金融界の実力を底上げする構造改革が必要だと小生は思います。

    • 切れ込み♡隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2016/01/26 (Tue) 21:38
    No title

    隊長殿
    日本が金融業ですか、苦笑。
    私は技術屋なんで、モノを生み出してなんぼだと思っています。
    米国がなんだかんだ言っても生き残っているのは、
    まだ新しいモノを生み出す力があるからだと思います。
    なにも生み出せなくなって久しいのが英国でしょう。
    シティだかなんだか知りませんが、
    金融だけでは、個人を潤しても国家を潤しているとはとてもいえないのでは。
    金融は技術の裏打ちがあってこそのモノだと思います。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集
  • 2016/01/26 (Tue) 22:47
    No title

    それでも英国があの地位にいられるのも、米の庇護と金融のおかげでしょう。
    英にシティがなかりせば、今の英国には何のありがたみも無いのではないでしょうか。

    今の米国に「新しいモノを生み出す」力?
    企画力というか、アイデアは確かにあると思います。
    でも、その考え出されたモノのほとんどが国外で生産されています。
    残念ながら、米国でも日本でも、そして英国でも、第三次産業の割合が最も高いのです。

    それがなぜかはもうネットの検索にお任せします。

    材料を倉庫に置き、製品を作る技術と建屋を買い、半製品を抱え、売ってもすぐに現金化できない。
    それが製造業であり、それが技術屋の商売のスタンダードです。
    金貸しは、倉庫も要らず、製品も半製品も材料も必要ありません。
    いつになったらいくら儲かるかが明確で、またその権利すら転売することができます。
    貸し倒れのリスクは一次・二次も同じです。

    最も手っ取り早く現金を稼ぐことができるのが金融業です。

    • 切れ込み♡隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2016/01/28 (Thu) 21:27
    No title

    隊長殿
    >それでも英国があの地位にいられるのも、米の庇護と金融のおかげでしょう。

    自ら何も生み出せないから、日本以上に米国のポチになり、ただただ金融に依存し、そして、今度は中国に対して媚びへつらうハメになったともいえる、苦笑。

    金融って、手っ取り早くお金は稼げますけど、あれよあれよとお金を失うのもまた金融でしょう。
    よほどの胆力がないと手を出せないでしょう。
    隊長には可能でも単なる技術屋の私には金融なんて想像も出来ない、藁。
    というか、日本人には不向きなのかも。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する