アベノミクスを考える その3

安倍さん 可愛い

この秋に安倍さんはなんとアベノミクスが第2ステージに入ると宣言しました。
第2ステージは、
(1)希望を生み出す強い経済
(2)夢を紡ぐ子育て支援
(3)安心につながる社会保障

もともと第1ステージと言われているアベノミクスは、
いったい何をするのか、具体例が公表されていませんでした。
もう一度、繰り返しますと、
❶大胆な金融政策
❷機動的な財政政策
❸民間投資を喚起する成長戦略

となるのですが、見るからに抽象的です。
とはいえ、❶に関しては、すぐに異次元的金融緩和を黒田日銀総裁が行ったため、
ああ、こういうことなのかと理解出来ました。
ところが❷についていうと、安倍内閣は何をしたのでしょうか。
機動的な財政政策って、なんなのだろうと今さらながらに思うのですが、
少なくとも、金融緩和に連動した機動的な財政政策をほとんどしていないのではないでしょうか。
本来、金融緩和をすれば、市場にお金が注入されるわけですから、
それに合わせてそのお金を使う方策を考えなくてはいけないはずです。
お金がちまたで使われてこそ、巡り巡って世の中が潤うということであるはずです。
残念ながら安倍内閣は、消費税増税を毅然として断行した上、
社会保障費を切り詰める・公共事業は抑えるといった緊縮財政を実行してしまったせいで、
国内消費が冷え込み、当然、企業の設備投資も停滞するという、
負の循環に入り込んでしまいました。
せっかく企業が円安のおかけで為替と株で儲けているのに、
結局は内部留保ばかりが上積みされるだけの状態になってしまいました。
どなたかが入れ知恵してお金を貯めることだけに専心してしまった安倍内閣は、
機動的な財政政策を忘れてしまったようです。

❸の民間投資を喚起する成長戦略ですが、
これも安倍内閣が何をしたのか、よくわかりません。
もし、わかる方がいらしたら教えて下さい。
まあ、思いつくところでは規制緩和なんかがあげられるでしょうし、
お役所仕事の縦型社会を打破するための構造改革なんてのも有りでしょうし、
地方分権なども地方の企業の活力をアップするためには、
有効な手段になるかもしれません。
なにかこのあたりのこと、ひとつでもやっていればなんですが、
なんだか見えてこないんですよねえ、成長戦略が.....。

❷も❸も具体的に何か連動した政策を実行していればいいんですが、
どうもそうでないままに第2ステージになってしまいました。
とりあえず、何も出来なかったので第2ステージでは具体的にやらねば、
ということで、

(1)希望を生み出す強い経済
(2)夢を紡ぐ子育て支援
(3)安心につながる社会保障

上記3つが登場したわけなんですけど、
またしても、緊縮財政でこの3つはパスしましたと言わないように、
よろしくお願いしたいと思います。
すでに法人税引き下げが決まっているので何も出来ないなんて無しですよ。

そういえば、日銀の短観が今日発表されました。

企業の景況感、横ばい 12月の日銀短観
2015年12月14日11時20分 朝日新聞
日本銀行が14日発表した12月の全国企業短期経済観測調査(短観)は、
企業の景況感を示す代表的な指標である「大企業・製造業」の業況判断指数(DI)がプラス12で、
前回の9月調査から横ばいだった。「大企業・非製造業」も横ばいのプラス25だった。
中国経済の減速で金融市場が大きく動揺した直後だった前回調査から変化がなかったことで、
企業の景気への不安感が示された。
短観は、日銀が3カ月ごとに全国の企業約1万1千社に景況感や自社の計画を尋ねている。
DIは景気が「良い」と答えた企業の割合から、「悪い」と答えた企業の割合を引いた指数。
調査期間は11月11日~12月11日で、11月27日時点で約7割が回答した。

2015121401001257.jpg

この表を見る限り、先行きを悲観的に見てますね。
いよいよ、アベノミクスの本当の意味での正念場が近づいているみたいです。






スポンサーサイト
テーマ: 今日のつぶやき。 - ジャンル: 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する