台北桃園空港から台中駅へ

桃園空港から台中へ2

11月15日午前11時少し前の台北桃園空港....
かつて私が台湾を場着くパッカーして歩いていたころは台北中正空港と呼ばれていたのですが、
すでに30℃にならんとしていました。
空港からの長距離高速バスの乗り場は、日曜日だというのに、
人気があまりなく、我々が乗った台中駅行きのバスは11時5分発だったのですが、
乗り込んだのはたった11人でした。

当初の予定では、このバス停のちょっと先にある台湾新幹線(高鉄)の桃園駅行きのバスに素早く乗り込み、
さらに高鉄を乗り継いで台中近辺に出没する予定でしたが、
バニラエアーの健闘努力のせいで、桃園空港に30分近く到着し、
しかも税関では我々が並び始めた頃は、長蛇の列だったのに、
突然、気を利かして2つゲートがあいたものだから、
こちらもスムースに突破し、なおかつ、荷物はリュックだったので、
ターンテーブルの前でだらだら待つこと無く通過したおかけで、
ぜったい乗れるはずが無いと思っていた台中駅行きのバスに間に合ってしまいました。

桃園空港から台中へ1

窓口でチケットを買った段階で発車まで15分.....。
当然、空港内のコンビニに走り、
無糖の緑茶のペットボトル25台湾元なりと、
叉焼包25元なりをゲットして、そそくさと車内の人になりました。
アジアでは食べられるときに食べるが、私のモットーなので、w。

桃園空港から台中へ3

この緑色のバス、総聯客運なのですが、
台中駅まで120分、230元(日本円で850円ほど)で快適を約束してくれたわけですが、
右のシートが左より一段低いという変わったバスでした。

桃園空港から台中へ4

というわけで、ほぼ定刻で台中駅前に到着しました。
台中駅までバスに乗ったのは、結局、我々二人を含めて6人だけでした。
桃園よりもさらに暑さを増していた駅前です。
さて、これからさらにバスを乗り継ぎ、
ローカルな世界へと向かうわけですが、
とりあえず、台中駅から北東に800メートルほど行った「干城バスターミナル」まで歩く間に、
ひるめしタイムとするため、
リュックを背覆って雑踏にもまれて行くのでした。

つづく
スポンサーサイト
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する