なし崩しに海外へ

派兵準備完了!

【マニラ=橋本潤也】安倍首相は19日、訪問先のマニラで米国のオバマ大統領と会談した。

 首相は、南シナ海に中国が建設した人工島の12カイリ内での米海軍の巡視活動に支持を伝え、自衛隊による南シナ海での活動についても検討を表明した。
 会談は、両首脳のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議出席に合わせて、約1時間半行われた。
 会談でオバマ氏は人工島周辺での巡視活動について「日常の行動として実行したい」と語り、継続する方針を明らかにした。首相は「南シナ海での自衛隊の活動は、日本の安全保障に与える影響を注視しつつ検討する」と応じた。

 日本政府は南シナ海で、米軍や東南アジア諸国連合(ASEAN)各国との共同訓練に積極的に参加し、中国の動きに対抗する構えだ。4月に改定した日米防衛協力の指針(ガイドライン)では、共同訓練を行っている際、必要があれば、日米共同の「ISR(情報収集、警戒監視及び偵察)活動」に移行することも可能になった。


この安倍とかいうお方、
海外に行くと、のびのびしてしまうのか、
ホント、言いたい放題なんですね。
この春には、米議会で演説出来るとはしゃいだ結果、
勝手に安保法案は夏には議会を通すとのたまってしまうし、
今度は、自衛隊を南シナ海に派兵も検討してますと言ってのけています。
オバマ大統領に直接検討するといってしまえば、
米国政府も「ようゆうてくれはりました!はよ、よこしてえな。」ということになっちゃいます。
そうやって自衛隊は軍隊なのかなんなのかわからないまま、苦笑、
あっちこっちに派兵するハメになり、
自国を防衛するのがままならなくなるのでした.......汗。


スポンサーサイト
テーマ: このたわけ者ッ!! - ジャンル: ニュース

コメント

  • 2015/12/04 (Fri) 05:26

    次の選挙ではまた自民に入れてやらない、と言いたいところですが、いかんせん対抗が弱過ぎて弱過ぎて...Orz

    政治の世界、特に外交とか、口に出したことは文字通り「表向き」の話であって、本当に一番大事なコトというのは言わないものだし、見えないところに隠れているものだというのが常識中の常識だと思うんですよ。人を騙くらかそうとしている時に、真っ正面から本音をぶつけるバカが居ないのと同じことです。

    その小生の持論が正しいならば、雨公の軍艦が南沙諸島に行ったのも、中国と口裏を合わせた出来レースのポーズにしか過ぎないし、尖閣が安保の範囲内だというの発言だって日本向けのサービスであり、最近、習近平が亜米利加行った時に小浜から厳しいこと言われたのも雨国内の世論を抑えるためのポーズにしか過ぎず、一番大事な事は「中国さん仲良くやりましょうや」というコトになるわけです。小生にはそうとしか思えません。

    なので、移り気な旦那の気を引こうと躍起になってる愛人が如き安倍の従属志向も、雨の本心が見えてるからこそではないかと勘ぐりたくなるわけですが、もうこのへんで舵を逆に切って、中国と仲良くするのが日本にとって一番利益になるんじゃあないかと思いたくもなります。少なくとも、中国やロシアという選択肢が日本にもあることを(と見せかけること)雨にみせつけるのも一つの手だと思うんだけどなぁ。

    • 切れ込み☆隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2015/12/04 (Fri) 22:40

    本当に民主とか維新とかいったい何してるんでしょ、と声を大にしたいです。
    結局、民主党の3年半は、安倍君が盤石な政権を作るための布石だったとしか思えませんね。
    それにしても、民主党が政権を奪取したあとの烏合の衆ぶりには、
    高校生の頃から長らく政治に関心を持ち続けてきた私でも、情けないことこの上無かったです。
    せめて、民主党がこけるなら小沢一郎を一度首相にしてみたかったです。
    法権力の罠っておそろしいもんなんですね。

    米中が出来レースなのかどうかは別にして、やはりお互い、どこまで押し込んでいいか、
    その案配みたいものは、お互いの共通認識としてあるみたいですね。
    ケネディ自体の米ソとはちと趣が違いますね。
    ひるがえって安倍さん並びに日本政府は、そういう駆け引きにはとんと向いてないみたいです。
    安保法案の時もスパイ法の時もそうですけど、ほとんど強行突破の腹芸無し。
    このあたりが安倍好きと安倍嫌いの両極端に分かれる所以なのかなとも思いますが、
    そもそも日本人がこういう表と裏を使う分ける政治とか外交を、
    潔しとしないと感じる民族なのかもしれません、w。
    それにしても、外務省といい安倍君といい、なんであんなに米国にしっぽを振るんでしょうね。
    さらにわからないのが、右翼的な発言をする皆さん、
    まあ、誰とはいいませんが櫻井よしこさんとか、青山繁晴さんとか、長谷川幸洋さんとか、藁、
    どうして米国に従属したがる安倍政権に肩入れしてしまうんでしょうね。
    隊長がいうように、中とか露とかあるいは北とか、w、という選択肢を用意していてもいいのではと、
    私なんぞもずうっと思ってきました。
    日本の政治家を雨は馬鹿にしているというかんじはしますよね、仕方ないんですけど。
    雨の政治家を不機嫌にさせるような政治家、いないかな、日本に、苦笑。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集
  • 2015/12/05 (Sat) 02:15

    その腹芸が出来ない、というトコはもう小生も納得です。
    実は腹芸やってなさそうに見えて、実はやってるんだろ?と思いたくなるんですが、安倍チャンはじめ今の自民の面々は、おそらく誰も何もしてないんだと思います。

    政治ってのは、今の世の中、経済を上向かせてナンボだと思うんですが、その政治を生業とする政治家てのは、ウソがつけてナンボだと思うんですよね。今や小浜を抜いて世界一のキーパーソンのプー珍さん、一体どこまでが本当でどこまでが事実で本音なのか、全然分かんないじゃないですか。世界の他の政治家を見ても、政治家同士のやり取りなんて騙し合いの隠しあいですからね。本音でガチンコの勝負してるバカは日本だけなんじゃないでしょうか。

    もっと言うと、我々レベルのリーマソが普通にガイコク人と仕事してても、少しでも多くかすめ取ってやろうと画策してる詐欺師まがいのビジネスマンとか普通に居ますからね。中国人相手だと全員が詐欺師に思えても不思議じゃないですが、欧米でも結構普通にそういう危険な輩が沢山いますから、小生は欧米人相手の商売のほうがウラ掛かれそうで緊張します。先日話題になってたギリシアのチプラスとか(今何してるんですかね)、ああいう口先でいいこと言ったと思ったら次の週には180度反対のこと言い出すヤツ、日本人は「酷いペテン師がよく首相になれるなぁ」と思いそうですが、ハッキリいってあんなの普通ですもの。詐欺師の親玉みたいなのこそ欧米の政治家だと思うべきじゃあないでしょうかね。

    • Captain☆Kirekomi♡ #-
    • URL
    • 編集
  • 2015/12/07 (Mon) 21:51

    日本人の政治家に腹芸を求めるのは、はるか昔にあきらめましたが、
    せめて、ハッタリをかませる政治家はいないのかなあとたまに思います。
    政治家としてはあまり好きではないのですが、
    橋下君なんかは、意外と米国にかましてくれるのではとちょっと期待していますね。
    彼、首相より外相がそういう意味ではおもしろそうです。

    あと、もう歳喰って駄目でしょうけど、
    亀井静香あたりは、何かやってくれそうな気がしたんですけどねえ。
    あの人、能力高そうにみえますけど、外見で損をしていると思います。

    最近になって、じつは評価しているのが、あの宇宙人鳩山さん。
    あの人の語録を最近読んだんですけど、
    意外と正論を堂々と言っているんですよ。
    沖縄の問題にせよ、対ロシア外交にしても。
    ただ、あの人が言うと、正論が正論に聞こえなくなる、藁。
    まあ、首相を務めるにはさすがに線が細すぎるとは思いますが。

    で、これからの期待なんですけど、
    どこの党でもいいから、こりゃあすげえ美人だと言えるような40歳代の政治家に登場願って、
    是非、首相になってほしいと思っています。
    国民を酔わせるのもそうですが、外国の要人を惑わせるような、
    成熟した色気と、厚顔さを併せ持つ女性。
    ブレーンに有能な人をつけて押し出しの強さで日本を引っ張る、なんていうのがいいんですが、苦笑。
    日本にそんな時代かが来るのを願っています。
    そのためには、もっと女性が政治に参加しなくてはね。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集
  • 2015/12/08 (Tue) 01:09

    政治に何を求めるか、で出て来る解答は違ってくるでしょうね。

    小生の場合、何度も言いますが、現代社会における政治の一番の役割というのは経済ですから、
    経済をハッテンさせるセンスの無い指導者は政治指導者であっても願い下げです。
    極論すれば、そこに正直だの人格だの政治理念がどうだの、右か左かというイデオロギですら、
    政治家の資質としてはプライオリティは下がってくると思います。
    結果出すならウソついたり誤魔化しても構わない、と(結果の虚偽はイケマセンが)。

    ですから小生に言わせれば、鳩山の正論なぞ正直どうでもイイわけです。
    むしろ正論なぞ言う必要がどこにあるんだというか、ウソでもイイから株価上げて経済良くしろ、と。
    外敵との摩擦だって同様で、二枚舌でも三枚舌でも使って関係良くしておかないと、
    防衛費や意図的な相手政府の嫌がらせにかかるコストや労力が増えるばかりでしょう。
    真正面から摩擦起こして防衛費上げます、某国のカントリリスク上がりました、
    では政治家の存在意義なんぞ、どこにも無いじゃないですか。

    まぁそういうわけで、腹芸というのが政治家にはつきものだというのが小生の持論ですけど、
    そういうことができる政治家が居なくなり、温室育ちの二世三世ばかりになってしまったら、
    ガイコクにイイように食われるばかりの日本になるんジャマイカと思ってしまうわけです。

    • Captain☆Kirekomi♡ #-
    • URL
    • 編集
  • 2015/12/09 (Wed) 20:06

    おそらく数年前までは、政治の一番の役割は経済だと言い切っていたでしょう、私は。
    でも、近年、とくにこの1年くらいで政治は経済ではないと思うようになりました。
    もし、政治の主導で経済がよくなるくらいなら、たぶん、とっくになっていたと思います。
    いろいろなブレーンが官邸のまわりをうろついていましたけど、
    結局、誰一人としてタイムリーヒットを打った人がいない、苦笑。
    いろいろな方法論でトライしてみたものの、結局は結果を出してこなかったわけでしょう。
    それくらい、今の日本の経済を右肩上がりにするのは大変なことであるということ。
    先進国の多くが高い成長率を期待できなくなった今、
    いままで描いていた国の形というか未来というものを、
    本当は見つめ直していかなければいけないはずだったのですが、
    日本の政治家は、いまだ経済大国という名の呪縛から逃れられないでいて、
    新しい未来の形をまるで提示してくれていないわけです。
    安倍とか黒田とかのブレーンは、どこぞの国のノーベル経済学者の論に乗っかって、
    小手先だけの金融政策に終始した結果が今の日本なわけで、
    いまだ、アベノミクスや異次元の金融緩和の失敗を認めようともしない。

    安倍さんも、日本は米国のポチでなくては成り立たないと言い切ってしまえば、
    それはそれで一つの見識だと思いますし、ひとつの選択肢を提示してくれているわけですから、
    わかりやすいといえばわかりやすい、w。
    それにしても、安倍さんといい、前首相の野田さんといい、
    能弁のくせに中身の無い男が政治家には多すぎますね。

    政治家に株価あげろとか経済をよくしろとか Captainはいいますけど、
    20代から株を眺めている私からすると、
    近年の株なんて、会社の業績とかそういうことより、
    米国の株式にばかり引きずられているのが実態でしょう。
    この夏からは、中国にも引きずられているけど、藁。
    いびつにグローバル化した市場を政治の力でどうこうなんていうのは、とても無理なのではと思います。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集
  • 2015/12/10 (Thu) 00:56

    これはいつか日記に書いておこうと思ってるんですが。

    アベノミクスそのものは間違っていなかったと小生は思います。
    なぜなら、民主党政権時代の不況をして、我々が何と言ってたか覚えてますか?
    要すれば、デフレが経済停滞の根本だと言ってたわけです、一言でいうと。
    2009年~12年の3年間、株価は平均で12%弱下がって12年末は1万を切ってたわけです。その間、時価総額で46兆円が失われ、生活保護の受給者率は上がり、自殺者も増えました。

    その後自民に政権が再度交代し、これまでと打って変ったジャブジャブな通貨政策を取ってインフレ主導にシフトチェンジしたところ、株価は上がって2万円前後をキープしてます。

    ちょっと小生の個人的なハナシをしますと、民主政権時、小生は蘇州に居たのですが、実はボーナスが満額でておりませんで、秋口になると「今年のボーナスは一律○○%カット云々」という通達が回ってくるのが恒例となっておったわけです。ところが安倍チャンになってから業績が回復し、例のナスカットのお達しが回って来なかった13年末、エッ俺たち実はこんなに貰えてたんかと、政権が変わるだけでここまで違うかと心底思ったものでした。

    じゃあ今の経済の停滞は何かというと、これはアベノミクスそのものが失敗ということではなく、理由は単純に2つあって、一つは増税のタイミングを間違えたということ。そして第二に、今は世界的に経済が足踏み状態にあって、立ち上がりたくても握る杖が折れてしまった事に尽きると思います。

    消費税が8%になったのが14年の4月でしたが、そこまでは、小生のボーナスの話ではないですが、何とか日本経済はモっていたと思います。ですが御存じの通り、増税後は完全に消費が落ち込みました。但しそれは織り込み済みだったと思うのですが、立ち上がるべき時期に全く世界経済が停滞から脱せないどころか悪化してしまい、日本経済も仲良く足踏みにお付き合いせざるを得なくなってるワケです。

    ただ小生に言わせれば、中国経済がアヤシいのは百も承知だったはずだし、なにより13~14年なんてのは、
    ギリシャのデホルトリスクがMaxに達してた時期でもあり、当時から、腰を折られた経済を立ち直すにはかなり条件的にリスクが高かったことは明白だったと個人的には思うのですが...。

    また民主時代と現在の不況との違いを言えば、当時は先進国+新興国の間で、ただ日本だけがまさに一人負けの状況にあったのに対し、現在は世界規模で経済が停滞していることです。

    一方、株価について言えば、多くの個別の株価は、特定の事情があれば別ですが、主には所謂「日経平均株価」に連動していると言っていいでしょうね。それはやはり、日本国の消費が全体として上向けば、その影響が各業界にいきわたるからです。そして日本の経済は欧米だけではなく、今や中国とも切り離せない状況にありますので、複雑化していることには変わりありません。

    でも、世界の事情で日本の経済が左右されるなんてのは今に始まった話では無く、これまでずっと左右されっぱなしで来続けてきたわけです。だから小生なんぞ、通貨ももうドルとペッグするか、それこそ円をドルにしてしまうかすればいいんじゃないかとも思うんですがねw んで、日本は左右されつつも結果を出して来てたんですが、最近はそうでもなくなってきました。

    小生なりに答えをだすならば、それは雨の低迷と中国の台頭だと思いますよ。
    日本とは雨の属国ですから、雨が調子良ければその勝ち馬に乗れるワケですが、今は雨の神通力も低下してますからね。そしてその一方で、日本とはかなり利害のバッティングする中国が伸びているわけで、日本が勢いを失うと同時に失速しつつある構図が鮮明になってます。段々世界的に存在感を失いつつあるなぁ、と海外に行ってると強くそう思いますね。

    • 切れ込み☆彡隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2015/12/12 (Sat) 22:20

    おおむね隊長のおしゃっていることに同意なんですけど、
    一カ所だけ同意出来ないところがあります。
    民主党時代が不況だったという意見には賛成出来ません。
    そもそもデフレが庶民にとって悪いことなのか、
    経済評論家を含めてよくもう一度検証すべきだと思います。
    「アベノミクスを考える」の項で提示しましたが、
    安倍政権下では実質賃金が右肩下がりです。
    そういう状況下でインフレ目標を定めて無理矢理インフレにしようとするのは、
    素人考えかもしれませんが、無茶ではないでしょうか。
    実質賃金が上がらないという状況下では、あるいは上がりにくいという状況下では、
    日銀や政府によるインフレ誘導は、むしろ、
    庶民の生活を苦しくさせるだけではないでしょうか。

    自殺者数に関しても、自殺者が25000人台にまで減りましたが、
    これについて内閣府は、09年以来の自殺者対策が功を奏したとしています。
    いわゆる「地域自殺対策緊急強化基金」というやつです。
    このためすでに民主党政権下から少しずつ自殺者の総数は減り始めています。
    さらに生活保護の受給者率は確かに民主党政権下で上がっていますが、
    これもリーマンショックによる企業のリストラが大きな要因を占めているわけで、
    単純に民主党政権の責任に帰する話では無いと思います。
    もし、第2次安倍政権下での経済政策が良好なら、
    生活保護の受給者数が減り始めてもいいはずですが、
    こちらも減るどころか増えているというのが実情です。
    確かに民主党の経済政策は、リーマンのあとなのに、緊縮財政再建を行ったわけですから、
    結果的に株価が上がらなくなったのも当然なのかもしれません。
    しかし、民主党の方向性だけははっきりしていたという点では、
    政治としてはわかりやすかったと思います。
    それに引き替え今の自民党政権はどうでしょう。
    アベノミクスを標榜しながら、掲げたことは行わず、
    ただ、金融緩和策のみに寄りかかり、あげく実質賃金が下がるでは、
    いったいこの政権がどこへ向かおうとしているのか、
    はっきりいって民主党政権よりもむしろ悪質なように思いますね。



    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する