台北・九記海鮮で楽しむ

九記海鮮6

今年の6月、台湾をふらついたわけですが、
台北にいると必ず行きたいレストランがあります。
ひとつは、欣葉、そして、もうひとつが、今日紹介します九記海鮮です。
繁華街にあるお店ではないですし、
大きなお店ではないので、つい見落としがちな地味なお店なんですが、
今回の旅では、羽田発、朝一番の台北行で松山空港到着後、
ホテルに荷物を置いてすぐに歩いて出かけました。
当然、昼の部一番乗りです。

九記海鮮1

とにかくこの九記海鮮に来たら絶対に注文するのが、
海老の揚げ炒め醤油風味です。
わたしなんぞは殻ごとバリバリいっちゃいますが、
これなくして、台北無しといわしめるほどの完成度です。
単純きわまりないといえばそうですが、醤油の焦がし具合が、
日本人の嗅覚と舌を直撃します。

九記海鮮2

続いては豚ヒレ肉の豆鼓炒めです。
個人的な好みなんですけど、
中華圏に行ったら豆鼓の蒸し物か炒め物は必修なんです。
豆鼓の味覚を愛する方なら是非お試しあれ。

九記海鮮3

紅焼茄子を注文しました。
中華では夏の定番です。
これも揚げ茄子に醤油+カキ油系の味ですから、
はずすわけがありません。

九記海鮮4

誰が頼んだかわからないものが登場です、w。
白菜ときのこ、それから干しエビの組み合わせです。
干しエビのエキスが出ていて紅焼のあとにはちょうどいいですね。

九記海鮮5

ホタテの蒸し物です。
豆鼓以外にいろいろな香辛料が混じってました。
生姜と辛みが効いていまして、
貝柱の食べ方としてはもしかしてベストワン......。
というわけで、お昼前からかなりハイカロリーでした。

6月の台湾の旅は、ある意味、喰ってばっかりでした。
私にとっての台湾は、小吃を主とした食べ歩きの旅なのかもしれません。
スポンサーサイト
テーマ: 台湾 - ジャンル: 海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する