上海市の高官もお縄か...

艾宝俊上海副市長

この艾宝俊という方、2007年から上海の副市長を務めています。
上海のトップは2~3年で代わるわけですから、
事実上、上海を牛耳っているひとりと考えていいと思います。
その彼が中央規律検査委員会に調査されています。
もう、こんなふうにおおやけになったということは、
完全に規律違反等で失脚は当確、ということになります。

上海市トップ級初の調査、腐敗摘発の一環か、艾宝俊副市長
産経新聞 11月10日(火)20時20分配信

【上海=河崎真澄】国営新華社通信は10日、中国共産党の中央規律検査委員会が、上海市の艾宝俊副市長(55)を「重大な規律違反」で調査していると報じた。調査の詳細は不明だが、習近平指導部が進める幹部腐敗摘発の一環とみられる。
上海市政府のトップ級幹部が摘発されたのは初めてで、全国31の省級自治体で高官が摘発されていないのは北京市だけとなった。
艾氏は金融自由化など規制緩和のモデル地区として2年前に誕生し、日系企業も多く進出している上海自由貿易試験区(FTZ)のトップも兼務している。
艾氏は遼寧省出身。上海市に本社を置く国有鉄鋼大手の宝鋼集団社長などを経て2007年に副市長に就任していた。上海のFTZをめぐっては、管理委常務副主任だった戴海波・上海市副秘書長や宝鋼集団副社長(共に当時)も今年3月から調査を受けている。


それにしても、この記事で驚くのは、
全国31の省級自治体で高官が摘発されていないのは北京市だけということです。
全国まんべんなく規律違反が行われている、ということですか。
まあ、今頃は北京市の高官も戦々恐々としていると思いますが、苦笑。


追伸
北京では今年の2月、北京大学の学長が汚職の疑いで解任されましたが、
そのほかはあまり目立った摘発がされていないようです。
もちろん、ランク的に小者は捕まっていますが。


スポンサーサイト
テーマ: 中国 - ジャンル: 海外情報

コメント

  • 2015/11/11 (Wed) 10:56

    いつもよく分からないのは、この期に及んでまだとっ捕まる輩が出るということです。いろんなトコで、いろんな輩が、いろんな容疑(っつーか汚職ばかりだけど)でとっ捕まっているにも関わらず、まだ堂々と仕事してるんでしょ?何考えてんでしょうか?自分は大丈夫とか思ってるんでしょうかね?それとも、この程度じゃ捕まえないだろと甘く見てるのでしょうか?わかんないなぁw

    • 切れ込み☆隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2015/11/11 (Wed) 22:01

    とっつかまった皆さんの汚職なんですけど、
    いったいどれくらい前の遡って捕まえているんでしょうね。
    昨年でしたか、福建省の公安のお偉いさんが捕まったとき、
    その罪状の主たるものが10年くらい前のものでした。
    ですから、この上海の副市長の場合なんかも、
    意外と5年以上前の話で、
    そんな前の話は問題にならないと思っていたりしたのかもしれません。
    まして、福建での汚職なんて、
    習近平が福建省長だった頃のものだったりしたら、
    捕まらないと高をくくっていたのかもしれません。
    結局、捕まる奴は自分だけは平気だろうとか、
    系列のエライ人がかばってくれるだろうとか思っているのでしょう。
    令計画なんかその見本みたいなものなんじやないかな。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する