馬英九総統の暴走...中台首脳会談

馬は何を血迷ったのか

台北共同】
台湾総統府は3日夜、馬英九総統が7日にシンガポールを訪れ、中国の習近平国家主席と会談すると発表した。中台首脳会談は1949年の分断後初。

 来年1月の総統選で台湾独立志向の野党、民主進歩党(民進党)への8年ぶりの政権交代の可能性が高まる中、首脳会談で「一つの中国」を中台交流の基礎として確認し、これを認めない民進党をけん制するとみられる。

 中国メディアによると、中国国務院(政府)台湾事務弁公室の報道官は「(中台)指導者の面会について中国の態度は積極的、開放的であり、一貫している。情報があればすぐに発表する」とコメントした。



正直言いまして、とても驚いています。
まさか馬英九が習近平と直接会おうとはねえ。
外交的に今、習近平と会わなければいけない時なのか、
台湾にとってそれほど習近平と会うことが大事なのか、理解し難いです。
ふつうに考えると、あと正味2ヶ月の総統任期ですから、
何か歴史に名を残したい、というような邪念が馬の中に目覚めた、
そういう解釈が可能かと思います。
なにしろ、この2年あまり馬政権に対する支持率は下がる一方で、
この夏の調査では、20%も割り込んだといわれています。
あと2ヶ月で破れかぶれになったか、といいたいですね。

そもそも、馬の率いる国民党ですが、
馬が総統なのに、国民党の主席は、朱立倫であるということが、
国民党の迷走の始まりなのかもしれません。
馬だと国民党の支持率が上がらないから、
ある意味、泣く泣く馬は主席の座から降りたわけです。
それでも、国民党の支持率は回復せず、
満身創痍のまま、国民党の次期総統候補は主席の朱立倫ではなく、
洪秀柱女史に決まったわけです。
恥ずかしい話ですが、なんだかんだ理由をつけて、
朱立倫は、早々、立候補を断念しました。
ところが国民党は、さらにみっともないことに、
洪秀柱女史ではまるで支持が広がらないことを理由に、
馬が洪秀柱に対して立候補辞退を強要し、
あげく、10月17日に立候補資格を廃止し、朱立倫に差し替えたのです。
そもそも、洪秀柱の人気がまるで上向かなかったのは、
その演説の中で対中関係をより緊密化し、
ひとつの中国を目指すべきだと発言したのがきっかけなのです。

今回の中台首脳会談実現という流れを見ても、
国民党は明らかに中国とのさらなる緊密化を目指しているわけで、
それは、習近平の中共の思うつぼ....といわれても仕方ないのではと思います。
今の台湾は中国に露骨にすり寄らなければいけないほど、
厳しい環境にあるのでしょうかね。
この馬と国民党の決断が、来年1月の台湾総統選にプラスに働くとは、私はとうてい思えません。
だいたい米国と中国の関係が微妙なこの時期に、
わざわざ習近平に会うというのは、まさに馬英九の朴槿恵化なのかも、w。

というわけで、習近平ですが、国内的には中国国民に対して自慢出来そうですね。
今、中台首脳会談を開けば、上から目線で馬英九をにらむことが出来ますから。
でも、この会談が、台湾の政権交代を促進することになるとしたら.....苦笑。

これから2ヶ月余り、台湾の中で壮絶な政争が没発するんでしょうね。
また、陳水扁の時のように発砲事件なんかが起きたりして.....汗。
スポンサーサイト
テーマ: 台湾 - ジャンル: 海外情報

コメント

  • 2015/11/05 (Thu) 13:03

    馬の中国擦り寄りは、台湾財界の思惑が大きいと思います。
    来年1月の総統選挙に向けて、財界からの支持をアピールしたものでしょう。
    そこに仰る通りの個人的野心もあったでしょうね。

    でも、台湾に行けばわかりますが、老百姓のレベルで中国が好きというのは極めてマイナーです。
    老百姓はとにかく大陸と大陸人が大嫌いで、小生が中国駐在の日本人と分かると、大陸は食・水・空気のどれもが極度に汚染され、病気になって当たり前なのに医者もクスリも質が悪く、人も極めて狡猾で信用がならないから、とにかく気を付けてのオンパレードです。こちらが「そこまで酷くは無いんじゃ...」と言いたくなるほどでした。

    だから、こうやって国民党が大陸擦り寄りをアピールすればするほど、財界はともかく老百姓の人心は離れ、総選挙で苦しむことになるんじゃ、と思わずにはいられないのですが。

    • 切れ込み☆隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2015/11/06 (Fri) 22:46

    江蘇省あたりでは、台湾人の皆さんは。準国民あつかいなんでしょ、今は。
    当然。財界人は中国とは穏便というか、うまくやっていきたいはずです。
    でも、一方で中国からいち早く離脱し始めたのも台湾の財界だったりして。w
    なんとか、江蘇省から大量に里帰りしてもらって、
    国民党の候補に投票してもらいたいんでしょうね。
    まあ、焼け石に水だと思いますけど、藁。

    多くの台湾の民衆は、この馬の暴走にあきれているんだと思いますね。
    スタンドプレイ以外なにものでも無いことは、
    ふつうに考えれば、わかりきったことなんですから。
    ただ、李登輝あたりは、レイムダックの馬が、
    習近平と変な約束でもしてくるのではと心配しているみたいです。
    李登輝は、馬の若かりし頃をよく知っているはずですから、
    余計なことをしてきそうな気がしているのかもしれません。
    狡猾な中共のことですから、馬を使ってなんとか次期政権になりそうな、
    蔡英文女史にたがをはめようと考えているんじゃないかな。

    雨もそのへんのところ、ちょっと心配しているみたい、苦笑。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する