台北の豪雨

台北木柵2

6月の台北の話です。

よく、日本のゲリラ豪雨はとんでもないという話を聞きますが、
東南アジアのスコールを知っている者にとっては、
まだ子供だましみたいなものですと、ある和菓子屋のおやじが言ってました、w。

台北木柵1

ここ台北でも容赦がありませんでした。
2時間近く降りっぱなしで、しかもとんでもない量です。

台北木柵3

この日、お昼ご飯のあと、台北の南の端にある木柵というところまで行きました。
目的は、木柵バスターミナル始発の平渓行きのバスに乗るためです。
通常、鉄道を使って北回りに迂回して平渓に入るのですが、
バスで直接山越え・峠越えのコースがあるのを知ってしまったばっかりに、
豪雨の中、うら寂しいバス乗り場で待つハメになってしまいました。

台北木柵4

とにかく半端ない雨なので、バスに乗るだけでびしょ濡れになったのは、
いうまでもありません。
ここから平渓まで1時間、風邪引かなかっただけめっけもんでした。

台北木柵5

というわけで、山越えして平渓に到着したころには、雨はきれいに上がりました。
山霧が立って、白黒の世界が展開していました。

スポンサーサイト
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する