休日は鉄道に乗って...相模線から八高線へ

相模線から八高線へ1

この間の月曜日、
どうにも安倍総理のスローガン、一億総活躍社会が不可解というか、
不愉快というか、不可思議というか意味不明というか、
なにをしろというのかよくわからず、
消化不良な気分が蔓延していたので、
鎌倉五山でも巡って少し心の平穏を求めようと思ったのですが、
横浜駅で崎陽軒の駅弁を買ったら、
突然、気分が変わりまして、w、
急遽、まだ乗ったことの無いJR相模線に乗るべく茅ヶ崎へ向かってしまいました、ハハハ。
かつて、相模線というと、東京近郊に残された数少ないディーゼル車両が走っている路線でしたが、
まあ、そんなものは子供の頃のつまらん記憶でして....。
まあ、ただ単に関東で一度も乗ったことの無い路線があるのが癪にさわっただけです。

相模線から八高線へ2

乗ってみると驚くのですが、茅ヶ崎から橋本までというこの路線、
途中、厚木や海老名を通るわけで、
決してローカル線と決めつけてはいけない風情なんですが、
途中駅の相武台下なんかは、
まるっきりローカル色でした。

相模線から八高線へ3

駅舎ものどかですし、駅前もなんですので、ハイ。
乗ってる車両が通勤電車的なんですけど、
ボタンを押さないとドアが開かないというのも、ちょっとローカルです。

相模線から八高線へ4

それでまあ、橋本経由で八王子です。
今度は関東で3つだけ残っているディーゼル車両の路線、
八高線に乗るべくやってきたわけですが、
なぜか八高線なのに川越行きで、しかもまた通勤電車的.....。

相模線から八高線へ5

八王子という都会にはディーゼルは似合わない....。
というわけで、ディーゼル車両に乗るべく、
川越への分岐である高麗川駅へ向かいます。

相模線から八高線へ6

高麗川駅に到着すると、30数分後に発車する高崎行きのキハ110系がいました。
いよいよ、八高線の本領発揮で北上します。

相模線から八高線へ7

ふと見ると、高麗川駅に看板有り。
高麗郡建郡1300年だそうですけど、
こんなに堂々と高麗と書かれると、もしかして、このあたりは朝鮮の租界か植民地なのではと、
思ってしまう.....人はそうはいないか、藁。

相模線から八高線へ8

やはり、ローカル線に乗ったら、ロングシートでは味気ないです。
クロスシート中心の車両だからこそ、駅弁を堂々と食べることが出来ます。

相模線から八高線へ9

茅ヶ崎からはるばる北上して、やっと真のローカル線を満喫、
ここまで4時間余りかかりました。
このあと、高崎駅で名物駅弁「とりめし」を買ったのはいうまでもありません。








スポンサーサイト
テーマ: 鉄道旅行 - ジャンル: 旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する