抗日戦勝利70周年はいいんですが....汗

抗日戦勝利70周年1

抗日戦勝利70周年なんだそうですけど、
どうも釈然としないんですよね、これ。

そもそも日本がポツダム宣言を受諾して無条件降伏した相手は、
国民党なわけですよね。
中共はほとんどといっていいほど、まともに日本軍と抗戦していないわけです。
もちろん、中国各地で日本軍の武装解除したのは、
当時、よれよれだった国民党です。
ようは中共軍は、ほとんど戦争をしないで戦力を温存して、
よれよれになった国民党軍に勝ったからこそ、
大陸の支配者になったのではなかったかな。
毛沢東がかつて、これは戦略であり、漁夫の利だといいましたし、
日本軍のおかげだとも言っていたとか、w。

台湾の国民党の連戦元副主席が何しに喜々として北京へ行ったのか、
私には想像も出来ませんが、
それにしても、軍事パレードまでして大騒ぎするだけの根拠が、
中共にはいささか稀薄なのではと思ってしまいます。

抗日戦勝利70周年3

まあ、人民解放軍の若者を集めて、
記念式典&文芸慰問をする様子なんぞ、
前時代的な感もするわけですが、
でも、上海や北京あたりにいる若者より格段にいい顔しているように思えます。

抗日戦勝利70周年2

もちろん、お姉さん達も素敵です、w。



スポンサーサイト
テーマ: 中国問題 - ジャンル: 政治・経済

コメント

  • 2015/09/04 (Fri) 21:58

    それにしてもこの小姐、ミニスカ穿いてきてるくせに公式パンフで▼隠しやがってコノヤロー。どこでそんな姑息なパン☆チラ防御策を覚えてきやがったのか。マジムカつきますわ。

    本当は戦ったのが国民軍で云々、というのは実は中国人も結構知ってます。若いのはどこまで知ってるのか知りませんが。だから抗日戦争ドマラも既にエンタメ化してますし、「今度日本軍と戦う時はやっつけたい」とか思ってる人も多数いますしね。

    それと、基本的に国民軍も八路と一緒で、日本と正面切って戦うのは後々損をコク、というのは分かっており、ゆえに連戦連敗を重ね、本心を見切った米英軍に、マジメにやらないんだったら軍事援助しない、とか言われてますしね。正規軍だったがゆえの哀愁すなぁ。

    • 切れ込み☆彡隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2015/09/06 (Sun) 21:44

    この姑息なところがまたいいのかも、w。
    中国人はコスが似合うなあ、日本人より....w。

    はっきり言って、先の日中戦争に関して言えば、きつい言い方をすれば、
    日本陸軍が無能だったとしかいえませんね。
    おそらく、当時の陸軍の首脳は、国民党軍の主だったメンバーはみな日本の士官学校で学んだ輩が多かったと言って、なめてかかっていたんだと思います。
    もし、日本陸軍の中にまじめに中国史を勉強していて、
    中国大陸での戦い方を熟知していたら、あんな無様な戦略を立てなかったと思います。
    唯一、石原完爾が中国大陸への進攻は無謀で、満州のみで戦略を立てるべきだと主張していましたが、
    結局、軍内での党争に敗れて予備役になってしまいました。

    国民党なんてズルズルと日本を中国奥地に引きずり込んで、
    兵站をを拡大化させて、弱体化させる戦略を早いうちから決ていました。
    重慶で駄目なら昆明というふうに準備していたんですから、
    よれよれ軍隊とはいえ、それを承知した上で戦略をたてていたわけですから、
    我が日本陸軍とは大違いだったいえます。

    とはいえ、国民党軍もそもそも一枚岩とはいえない軍閥の寄せ集めみたいなものでしたから、
    1945年までが精一杯だったと言えると思います。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集
  • 2015/09/10 (Thu) 11:43

    まぁ見方はいろいろありましょうね。小生は、こと日本陸軍の対中戦に限っては評価しますね。あれは精一杯やった結果だと思います。ウマかったのは、国民党が米英を引きづりこんだことでしょう。もっとも、もう少し中共の脅威を喧伝しておけば、国民党政府が僻地においやられることはなかったかもしれませんね。

    日本は、とにかく太平洋戦争との二正面戦に突入したことが最大の敗因でしょうね。対中戦に専念しておけばよかったものを。

    • 切れ込み☆隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2015/09/10 (Thu) 21:29

    よく戦ったかもしれませんけど、結局、上がアホだから戦略がまったくない。
    戦いをどこで終わらせるか、なんの見通しもないまま、戦線を拡大してしまったあげく、
    二正面戦にズルズル引きずり込まれる羽目になるんです。
    もっといえば、陸軍と海軍の認識に大きな隔たりがあったのが最悪でしたね。
    陸軍は満州を含めた大陸指向、海軍は米国を仮想敵国にしていたという、まったくの指向の違いが日本を股裂き状態にしてしまったわけです。
    大本営という統一の場所があったにもかかわらず、日本の戦略を話し合っていたかというとほとんどまともにしていません。
    参謀本部と軍令部が勝手に戦争していたのですから、負けるべくして負けたとしかいいようがないです。
    しかもシビリアンコントロールはまったく効いていないわけですから、本来、よその国に進攻するような体では無かったというべきなのかもしれませんね。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する