桂林で上島珈琲を.....

桂林上島珈琲3

中国で上島珈琲というカフェが増殖したのはいつの頃からでしょうか。
基本的に中国の街角でコーヒーを飲まないというのが、
私の長年の習慣でして、
かつて、北京飯店ですら、コーヒーははいただけませんでした。
というわけで、上海などでよく街角で上島を見つけるのですが、
未だかつて入ったことがありませんでした。

この1月の桂林への旅では、シェラトンに泊まったのですが、
ホテルでモーニングするより、町に出て朝ご飯、のほうが良かったので、
コーヒーはまったく口にしてませんでした。

桂林の町の中でそれらしいコーヒー専門店を見かけなかったのですが、
同行者がたまたま中山中路を曲がったところで上島を見つけてしまい、藁、
ためしに飲んでみることにしました。

桂林上島珈琲1

それにしても、この上島、変なんですよ。
けっこう広いお店なんですが、個室が10ヶくらいありました。
広いフロアーもかつてバーがキャバレーだったような趣でして、汗。
とても、珈琲専門店とは思えませんでした。

桂林上島珈琲2

でも、出てきたカフェラテはとってもまとも、苦笑。
驚くくらい桂林離れしたうまいコーヒーでした。
でも、客が携帯で静かにお話ししている方だけでしたので、
そのたたずまいといい、なんとなく不気味でした、とさ。
スポンサーサイト
テーマ: 海外旅行記 - ジャンル: 旅行

コメント

  • 2015/08/01 (Sat) 23:57

    いやぁ未だに中国人で珈琲好き、てのはあまりいませんよ。マイナーです。えっ、バックスにもチ○ンコロどもが沢山居てる?そうです、彼らは雰囲気にカネ払ってるのと、その大体がコーヒーとは似ても似つかん甘々な「コーヒー飲料」でお茶を濁してるだけですから。ん?「コーヒー」で「お茶を濁す」に掛けてる?掛けてませんって!!w

    だから小生、コーヒー好きを自称する中国人に会いますとね、ああもうコイツは信用できひんな、と心から思うわけです。砂糖とミルク挿れまくるのがデフォな中国人で、苦くて後味の悪いブラックなコーヒーが好きだなんてまずありえません。だから、コーヒー好きな中国人の言うコーヒーとは、コーヒーとは似ても似つかんコーヒー牛乳だと思えばまず間違いないデス。

    んで上島珈琲ですけど、ココはコーヒーショップではなくレストランですから。日本で言えばファミレス程度なモンです。どこの上島行っても、なんか全体がかび臭く感じるほど薄暗いし、なんかよくわかんねーな、ってな微妙な味つけですし、大抵どこの上島も人は少ないし服務員は愛想悪いし、まぁこんなもんですよ。

    • 切れ込み🌠隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2015/08/02 (Sun) 16:27

    日本だと上島って純然たる珈琲店ですけど、中国ではレストランだったんですか、藁。
    この桂林の上島も何となく薄暗くて、個室があって、インテリアはまったく珈琲店らしくなく、
    確かに愛想も悪かった、苦笑。
    まあ、愛想の悪さは中国の伝統ですから、我慢しますが。
    ただ、カウンターの奥で珈琲を入れている兄ちゃんの素振りや態度は、
    りっぱに珈琲店のそれでしたから、ちょっと期待はしてたんです。
    で、それなりに期待通りだったんで、これもまた中国らしいかと。
    期待していないと期待以上だったりすることありますから、かの国は。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する