東京のお盆です

2015お盆

今、東京に住んでいる人でどれくらいの人が、
お盆の迎え火を焚いているんでしょうかね。
そもそもお盆に迎え火を焚くという習慣が、
あまねく日本にあるのかなあと疑問に思ったりします。
基本的に迎え火を焚けば、送り火も焚くものなんでしょうけど、
私、長いこと、旧盆の時期に新潟に滞在していますが、
一度も親戚でそれをやっているところを見たことがありません。

お盆というか、盂蘭盆会を行う習慣は、
台湾や中国、韓国などに残っているのでしょうかね。
単純にご先祖様の供養というか、墓参りをするのは、
中国や台湾では清明節です。
盂蘭盆会に近いものとしては、中元節があるように思います。
以前、台湾一周の旅をしたとき、
ちょうど8月14日15日16日と台東に滞在したことがあります。
商店が並ぶ通りなどにテーブルが出されていて、
そこに子豚や鶏の丸焼き、果物、野菜なんかがまるで供物のように並んでいたことを思い出しますが、
これなんかも日本的に言うと盂蘭盆会なのかもしれません。
ただ、日本のように民族大移動でふるさとに帰るというかんじではなくて、
あくまでその土地その土地に生きる人たちが行っている、
そんな感じがしました。

今年も暗くなり出した時間に迎え火を焚いたのですが、
20代くらいの若者が珍しそうに眺めていました。
そもそも東京では仏壇のある家が少ないのかもしれませんし、
マンションなんかに住んでいると迎え火を焚くのもはばかれるのかもしれませんね。
スポンサーサイト
テーマ: 今日のつぶやき - ジャンル: 日記

コメント

  • 2015/07/14 (Tue) 02:06

    イマドキ、都心で焚火でもしたら条例違反になりかねないですからねぇ。何節か忘れましたが、10数年前の珠海の話ですが、客先に行ったら総経理がビルの自室で焚火を焚いて供物だのなんだの燃やしてたのには驚きましたw その後、その会社は倒産したんで、もしかしたら節句にかこつけて重要書類の類を燃やしてたのでは、と疑ってしまいますw

    • 切れ込み🌠隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2015/07/15 (Wed) 20:12

    迎え火はたき火ですか、苦笑。でも、マンションの廊下でやったらやばいかもしれない。
    台湾でも中国でも清明節や中元節では、紙銭を燃やしたりしますね。でも、隊長が示してくれた例は、間違いなく書類ですよ、w。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する