上海株は大丈夫か...

上海株が心配だ

火曜日の夜遅く、
台湾より帰ってきました。
あと4日くらい追加滞在したいくらいでしたが、
どうも、経済の動きが心配で取り止めにしました......ウソ
台湾については近いうちに語るとして、
気になるのは上海です。
上海の株式です。

中国バブル崩壊か 上海株が6%超の大幅続落、1週間では13%超の暴落

【上海=河崎真澄】中国の上海株式市場で19日、市場全体の値動きを示す上海総合指数が4478・36で引け、前日終値比6・4%の大幅続落となった。同指数は今週5日間では前週末比で13%を超える下落。ロイター通信によると、週間ベースでは2008年の金融危機以来の下げ幅を記録した。

 上海株は、同指数が2000台で停滞していた昨年秋から急騰を続け、今月に入って7年ぶりに同指数が5000を超え、年初来では約2倍となった。

 不動産市況の悪化で行き場を失った個人投資家のマネーが思惑買いで株式市場になだれ込み、これが新規参入の個人を誘発。買いが買いを生む雪だるま式の市場膨張となっていた。

 一方で、輸出や投資、個人消費など中国経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)は低調で、今年1~3月に7・0%だった経済成長率は4~6月に、6年ぶりに7%を割り込んだとの見方も出始めている。このため「高値警戒感による売りが出て新規参入組のパニック売りも一部で引き起こした」(市場関係者)という。
  上海株式市場は、経済実態が伴わなず、個人投資家の思惑が相場を左右する。週明け以降、さらなる動きも予想される。


この記事は昨日の産経なんで、
ちょっと大げさな見出しかと思いますが、藁、
それにしても5営業日で13%超の下落となるといささか心配です。
とにかく、この半年の間、
不動産投資からの資金が急激に株式に流れ込んだため、
急激な上げ相場になっていたのが上海株です。
金もない輩が借金までして株で儲けようという、
完全なバブル状態でしたので、
素人目に見てもいずれは弾けるだろうなあと思っていました。
これくらいの下落で底になればいいですが、
なにしろ、たくさんの金儲け目当ての素人を飲み込んだ相場ですから、
崩れ出すとその足の早さは半端ではないかもしれません。
加えて、ギリシャ問題が超不透明というか、
最悪のシナリオもささやかれています。

週明け、上海株が崩れないことを祈ってます。


スポンサーサイト
テーマ: 中国 - ジャンル: 海外情報

コメント

  • 2015/07/03 (Fri) 14:02

    もうね、全然ツマんないですね。
    ギリシャがカネ返さなかったのに、まだデホルトじゃないとか何やってんでしょうか。上海の株が下げたのも、結局はメカニズム的に下げたのでもなく、単に心理的に怖いから何となく売りに走っただけで、空売り野郎が喜んだだけですから。

    雑誌でも新聞でも、中国のバブル崩壊やとか散々煽るのはいいんですが、一体何回中国もバブル崩壊したらいいのか、本人?も呆れてることと思います。

    まぁ小生に言わせれば、中国の不動産バルブはもう既に崩壊というか、少なくともバブルな状態には無いわけで。それでもまだこんなノホホンとしてるだから、なんだかんだ言って中国の経済は奥が深いというか、相変わらず日本の常識で中国を語っちゃいけないな、と。

    • 切れ込み☄隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2015/07/06 (Mon) 15:01

    隊長殿
    昨年末からの上海の上げ相場は、明らかに中国政府が意図的に仕組んだ相場だと思うんです。
    外国人投資家の投資をよりやりやすくしたり、信用取引に対する緩和などです。
    とくに信用取引の緩和は、ただでさえ借金してでも投資したい中国人の心理をついたあざとい政策だと思います、苦笑。
    ですから、2週間あまりで1300ポイント近くも下げるのは、
    当然のなり行きといえばいえるのかもしれません。
    ここで問題なのは、政府が株上げの要因を作っておきながら、
    一気に加熱すると今度はビビって、借入資金で株投資を規制するなんて発表する愚挙を犯したことです。
    今現在、上海株は横ばい状態ですけど、東京も香港も大幅安です。
    ムンバイも下げに入っていますから、上海も週末より下げる可能性が出てきました。
    とはいえ、昨年の10月頃は上海は2200ポイントくらいでしたから、このまま1本調子で下げない限りは、
    本格的な不安材料にはならないと思います。
    でも、今週中に3000を割り込んだら危険水域になりそうな悪寒...。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する