漓江下り・楊堤から興坪まで下る・その2

楊堤から興坪まで13

1月の漓江下りの続きです。

およそ1時間半ほどの竹筏下りで九馬画山の船着き場に到着したあと、
いったいガイドはどこに行くのかと様子をうがっていると、
画像のようなバイクタクシーに乗るのではなく.....w、

楊堤から興坪まで14

驚くことに電気自動車が我々を待っているではありませんか。
電気自動車というより、電動カートといった風情ではありますが。
しかも、定員は10名ほど。
もし、雨でも降った日にはどないするんでしょう。

楊堤から興坪まで15

10人乗り電動カートは、砂塵を巻き上げ快調に広西の田舎道を行きます。

楊堤から興坪まで16

到着したのは、なんだかドライブインみたいなところ。
そして、ガイドがいそいそと向かう先は......。

楊堤から興坪まで17

漓江の河原の高台にある展望スペース。
そして、そこにはお決まりの記念写真屋さんです。
そうなんです、ここは、中国の20元札に描かれている「黄布倒影」というポイントなのです。
ガイド曰く、
「黄布倒影」は船の上からより、この展望台から見る方がすてきなんだそうです。

楊堤から興坪まで18

かくして竹筏バンブーボートツアーのみなさんは、
電動カートから先の観光バスに乗り換えるべく、ほこりっぽい興坪の町に到着しました。
スポンサーサイト
テーマ: 海外旅行記 - ジャンル: 旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する