韓国の観光業の話

水原城です

GWのさなか、いかがお過ごしですか。
和菓子屋は柏餅一筋です。w
知り合いで海外旅行へ行っている人もいるんですが、
今年は、台湾が例年以上に人気があるようです。
反面、こけているのが、中国と韓国。
とくに韓国は、日本人の観光客無しには語れないほどでしたので、
近年の激減はどうにもならないようです。
話によると、韓国に行く中国人は日本ほどお金を落としていかないとか。
まあ、韓流ブームで韓国に行く日本人は、
ホテルも一流、エステバリバリでしたからねえ。
私は06年にソウルへ行ってますが、
たぶん、お金をあまり落とさないくちだったと思います、w。

韓国の「観光収入」・・・もはや「踏んだり蹴ったり」?=韓国華字メディア

韓国メディアの亜洲経済の中国語版は24日、円の対ウォンレートが7年ぶりの安値を記録していることを紹介し、中国人旅行客が日本に奪われているとの見方を示すと同時に「韓国の観光業が打撃を受ける見通し」と伝えた。

 記事は、円安を背景に日本を訪れる中国人旅行客が増えていることを指摘し、2014年に訪日した中国人旅行客は前年比83.3%増の241万人に達したと紹介。さらに15年1-2月には前年同期比99.2%増と猛烈な勢いで増加していると伝えたほか、2月18日から24日にかけての春節(旧正月)期間中に中国人旅行客は日本で60億元(約1150億円)もの消費を行ったとの見方があることを伝えた。

 続けて、14年に韓国を訪れた中国人旅行客数は613万人に達し、「日本を大きく上回った」と伝える一方、韓国滞在中における消費額は減少傾向にあることを紹介。15年の春節期間中においては、韓国での中国人旅行客の1人当たり消費額は前年比9万ウォン(約9936円)減の56万ウォン(約6万1800円)にとどまったと紹介。さらに13年の1人当たり消費額は90万ウォン(約9万9400円)だったことを指摘し、38%も減少していると危機感を示した。

 また記事は、日本政府は円安という機会に乗じて査証(ビザ)発給要件の緩和を行い、さらに免税対象品目の拡大を行ったと指摘し、「中国人旅行客を積極的に取り込もうとしている」としたうえで、中国人旅行客をめぐる「日韓の争いが勃発することはもはや不可避な情勢」と論じた。

 そのほか、日本と韓国の旅行客による相互訪問においても、「日本の完勝だ」と指摘し、2015年3月までの期間中に「韓国を訪れた日本人旅行客数は31カ月連続で減少している」と指摘。14年に訪韓した日本人旅行客数は前年比17%減の228万人だったが、今年は同18.6%減の185万人にまで減少する見通しだと紹介する一方、14年に訪日した韓国人旅行客は270万人に達し、過去最高だった07年を上回ったと報じ、悔しさをにじませた。
スポンサーサイト
テーマ: 韓国旅行 - ジャンル: 旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する