新幹線開通前の糸魚川駅あたり

糸魚川4

2月のとある月曜日、
越後湯沢から廃止される「はくたか」に乗って、
糸魚川駅にやってきました。
大雪の越後地方の中では、
この糸魚川と直江津あたりは別格といっていいほど、
雪が少なかったのですが、
駅の周りはあまりに閑散......。

糸魚川2

駅前通は誰も歩いていません。
のぞいてみたくなるようなお店もありません。
3月14日から新幹線が通るというのに。

糸魚川1

駅前からすこし曲がっただけで場末感が漂います。

糸魚川3

和風ラウンジ黒蜜だけが妙に印象的でした、w。

こういうかんじって、糸魚川に限ったことではなくて、
我が第2の故郷・六日町でも同様です。
新幹線が開通することで都会に出る利便性は高まりますが、
なんとなくその中間の地方都市は何をしていいのかわからず、
置き去りにされていったりするような気がします。
まして、北陸本線は、地域ごとに細かく分断されてしまい、
小さい地域は孤立してしまうのではという危惧を感じざるを得ません。
地域の一体感は少しずつ弱まっていくような気がします。
スポンサーサイト
テーマ: 鉄道の旅 - ジャンル: 旅行

コメント

  • 2015/03/23 (Mon) 23:13

    アチキも先日、”JR西日本”の糸魚川駅へ行って来ましたが寂れっぷりはおっしゃる通り、人は歩いていないし、食事をできる場所もほとんどないし、スーパーは潰れてるし、北陸の陰鬱な曇り空だし…。
     東京とのアクセスが良くなっても人はどんどん東京へ行ってしまうし、東京から来る人は日帰りでも東京へ戻れるので地方にお金を落とさなくなるし。特に糸魚川のような中間駅は通過されるだけ…。
    在来線は3セク化され運賃も上がるし、特急もなくなり運行本数も減る。近隣市町村との行き来がより不便になり、下手をすると隣町へ行くより東京へ行く方が速い。と言うことも。
     地方は東京のマスコミが報道しているより疲弊しまくってますね。

    • 自転車小僧 #-
    • URL
    • 編集
  • 2015/03/24 (Tue) 11:10

    そもそも、北陸新幹線なんて需要あるんですか東京に?無いじゃないですか。わざわざ高いカネ出して新幹線に乗って、北陸くんだりにまで行く理由は無いじゃないですか。

    精々、日本海の海の幸を...雪山でスキーを...なんてのが関の山でしょうが、言うてしまえば海の幸なんか房総で十分やし、スキーなんざ長野で十分なので。

    要はそういうことで、この新幹線は北陸の人の為のもので、あくまで一方通行的なモノだということを我々は理解するべきです。

    • 切れ込み✲隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2015/03/25 (Wed) 22:02

    自転車師
    糸魚川駅前をうろついていて思ったのですが、新幹線開通によってどうなろうとしているのかなと。
    残念ながら糸魚川には歴史的な遺跡みたいなものがあるわけでもないし、
    町そのものにも歴史があるわけでもないですし、
    駅前通を海に向かって歩くとわかるのですが、突き当たりの海岸は高い防波堤とテトラポットの連続です。
    しいてあげるなら、素敵なローカル線の乗換駅であるというだけで、糸魚川で下車するという選択肢はなかなか見つけられません。
    糸魚川には大変申し訳ないのですが、我々があえて糸魚川に行って下車するという状況はちょっと生まれにくいのではと思います。
    すなわち、観光に頼るだけのみるべきものがないということです。
    結局、糸魚川の人が都会へ出て行くための手段にしかならないのかなあと思ってしまいました。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集
  • 2015/03/25 (Wed) 22:10

    隊長殿
    おっしゃるとおりだと思いますね。北陸の美味しいものって、今ではわざわざ現地へ行かなくても東京で食べることができますからねえ。
    寒ブリ、ホタルイカなどなど。
    食べ物だけではさすがに東京の人間を北陸へは呼び込めないです。
    はたして東京の人を呼び込むためのものが今の北陸にあるのか、
    やはり疑問に感じてしまいますね。
    新青森まで開通した東北新幹線によって地元がどれだけ活性化したのか、
    やはり検証していくことで北陸の諸都市の生き残る道がわかってくるのではと思います。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集
  • 2015/03/27 (Fri) 00:46

    糸魚川の人こそ、こんなトコに東京人が来るワケねぇっぺと思ってんじゃないですかね。だからそもそもはあの辺の人らが東京へ行くの為に作ったモノだと思うんですよ。

    今では、NHKですら金沢の特集するほどのテコの入れ様ですけど、金沢ですら新幹線に乗っていくほどのモノかと思いますよね。六義園と上野公園、浅草行くのほうがかえってイパンクトあるんじゃないかと思うんですけどね。

    費用対効果から言ってもですよ、金沢を活性化させたいのなら、金沢空港を活用したほうがいいんじゃないかと思うわけです。って、ほうら、小生の今の発言に即座に突っ込める人がどんだけいるのやらw そんだけ知名度低いんじゃないですかね?

    いやマジで、もしも金沢が人を呼び込みたいのなら、もっと空のアクセスを充実させるべきだと思います。それは、空の便を増やしてオシマイ、という能無しじゃあダメです。キモは、空港に着いた後の諸都市へのアクセスを改善するんですよ。

    日本人にとって空の旅てのはなじみの薄い物かもしれませんが、空港爆誕ラッシュの中国を経験したの小生にはよくわかるのですが、空港が一つできるというのは非常に大きなインパクトがあるんですよ。空港というのは、大きな雇用を生むものです。地元に就業人口が増えるわけです、老齢者が増えるのとはワケが違うのですから、経済的にそれ以上の波及効果が強く期待できることになります。

    そして徐々にですが、遠方からの利用客が増えて来ますが、彼らをリピータに取り込むには、絶対的に空港に「着くまで」より「着いてから」が重要なんですよ。福岡や大連の評価が総じて高いのは、空港の存在無しには語れないと思います。

    尚且つ、新幹線を呼び込むのではなく小松空港を活用するの利点は、相手が東京だけじゃあなくなることですよ。それは九州かもしれないし、神戸かもしれない。そもそも羽田から小松なんて一時間で着くんですから、LCCで十分もイイトコなんですよ。そもそもJALやANAに高いカネ払う必要なんかなかったんです。日本だけじゃあなく、上海でもソウルでも、大連でも北京でもいいし、香港でも台北をも相手にできる可能性が、空港にはあるじゃないですか。

    そもそも新幹線と決定的に違うのは、既に金沢圏にはイイ空港があるということです。あとは交通網を整備すればいいだけの話なワケですから、あらためて1兆何千億も出すの新幹線よりは、全然マシだとバカでも分かりそうなもんだと小生は思うんですけどね。

    • 切れ込み🌠隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2015/03/31 (Tue) 00:58

    >隊長ドノ
    おっしゃる通り、空の便へのアクセスというのも重要なポイントですね。
    金沢空港(小松空港)って金沢から結構離れていて交通の便も良くないんですよ。せっかく羽田から小松まで1時間ちょいで行ったとしてもバスで金沢までさらに同じくらい時間がかかる。そうなるとやっぱり新幹線で直接金沢ってなってしまうと思うんです。
    金沢に限らず地方空港は市街地からかなり離れた場所で中心部へのアクセスがバスしかないってのが多いです。飛行機で行ってさらにバス、中心部に行ってさらに乗換となると旅行にしろ、仕事にしろ時間が読めないってのがネックになってくるかと…。特に地方の場合中心部に入っても移動がバスかタクシーと言うところも多いですから…。
    それにトルファン兄ぃのおっしゃる通り、北陸新幹線にしろ北海道新幹線にしろ地方⇒東京の一方通行にしかならないと思うんです。それを一番実感したのが以前訪れた長野。長野市内もそこそこ大きな商業施設や飲食店もあるんですが、どこもあまり人が入っていないんです。で、地元のタウン誌やラジオ、新聞なんか見聞きしてますと、何でもかんでも東京、なんですよ。地元のパーソナリティがやっているラジオ番組でも地元の話題そっちのけで、渋谷が、新宿が、なんです。新幹線で1時間半!って。
    地元の人が地元の情報より東京の情報のことを良く知っている。地元より東京、と言う刷り込みができあがってしまっている。と言う悲しい現状を目の当たりにしてしまいました。
    再び、北陸新幹線の話に戻りますが、石川県、特に金沢圏は北陸の首都、と言う変なプライドがあるので阪神圏、中京圏には目もくれないんです。東京首都圏の次に金沢、と思っているんです。だからJR西日本管内でも金沢支社は異質な存在で関西圏より首都圏にしか目が向いていない。富山とか福井とかは特急一本で行ける関西圏に目が向いているのに金沢圏が強すぎてそれに従わざるを得ない。北陸新幹線の大阪延伸の話も特に福井県は切望しているのですが、金沢支社が良い返事をしないので進まないという面も。
    こちらの地元新聞の記事で、富山で婦人服を扱っている店や食料品関連の店が廃業していっているというのがありました。
    というのは、サンダーバードの始発に乗れば朝9時過ぎには大阪に着くことができる。大阪で仕入れをしてその日の内に地元に戻ることができたが、北陸新幹線が開通したことで新幹線の始発に乗って、金沢でサンダーバードに乗り換えて、となると大阪に着くのがお昼すぎになってしまい、仕入れをして地元に戻るには新幹線の最終に間に合うように今までより早く出る必要がある。泊まりになると一日店を閉めないといけないし費用もかさむ。かと言って仕入先を東京にしようとすると新たに仕入先を開拓しないといけない。と店を続けるための負担が増えるばかりな上に客がどんどん東京へ出てしまうと悪循環が続くのが予想されるので結局閉店、廃業にしてしまうということだそうです。一応県庁所在地の富山ですらそういう状況ですから糸魚川や直江津なんて地方都市は推して知るべしです。

    • 自転車小僧 #-
    • URL
    • 編集
  • 2015/03/31 (Tue) 15:49

    隊長殿・自転車師
    なんだか下世話な話になりそうなんですけど、
    結局、新幹線建設って、完成するまでが美味しいだけなのではと思いますね。
    いわゆる土木屋さん達が潤うという話じゃないですか。
    確かに大量輸送という点では新幹線はいいかもしれないけど、
    東北新幹線もそうですし北陸新幹線もそうですが、
    大都市と大都市を結ぶ鉄道ではないですから、
    東京中心の構図というのはまったく変わらないわけで。
    本来、地方創生とかいうのであれば、
    地方がどう生き残るかという視点で考えなくてはいけないわけです。
    ですから、金沢や富山・長野にいかに東京などを経由せずに、
    ダイレクトで行けるかということを考えなくてはいけないはずなんです。
    だから、空の便というアクセスをもっと大切にしなくてはいけないはずです。
    もし、どうしても北陸へ新幹線を通すのであれば、
    わたし的には名古屋から高山経由の路線を考えるべきだったと思うんですよね。
    それにしても、小松空港のアクセスの悪さはいかんともし難いです。
    アクセス快速なんか作れないですかね。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する