大井町の洋食屋「ミカサ」でカツカレー

ミカサ1

久しぶりに雨の中、大井町のミカサのカツカレーを堪能してきました。
いつものようにロースを切り分け、下ごしらえをしてカツを揚げます。
もう、この工程をちらっとカウンター越しにのぞくたびに、
気持ちが高ぶってきます。

ミカサ2

揚げたてのサクサクのカツだけでもたまらないのに、
三枚肉がキッチリ煮込まれてカレーのルーの中でごろごろ存在を主張すると、
そりゃあもう垂涎.....。
1200円という少し高めのお値段ですが、
味噌汁とサラダがついて、満足この上ない時間です。
黙ってただ、よっしゃあと心の中でつぶやいて食べきるしかない、
そんなわたし一押しの、
そんじょそこらでは味わえないムフフなカツカレーなんです。


スポンサーサイト
テーマ: カレー - ジャンル: グルメ

コメント

  • 2015/03/13 (Fri) 22:57

    カレー一杯が60元て高いす。でもウマいんでしょうね。日本が中国と大きく違うトコのひとつは、金出せば出しただけウマいのが食えるって事です。おまんけに、最近の日本は物価そのものが安いと来た。いい時代に帰ってきたもんす。

    • 切れ込み✨隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2015/03/15 (Sun) 23:30

    たまに行くから思うんですけど、けっこう安くて美味しいもの、中国でけっこう出会いますけどねえ。もちろん、お腹壊さないし、藁。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集
  • 2015/03/18 (Wed) 11:58

    まぁその程度しかない中で5年も10年も性活してみてください。
    絶対に、日本に行ったら天国だと思いますから。

    そもそも海外では日本食ってちょっと特別なんですよね。
    ヘルシー感があるし、イコール旨いという先入観があるんですよね。だから値段設定が多少高目でも人は入るし、少なくともファストフードというかジャンクな扱いは受けてません。

    そういう環境から、当たり前に毎日ココでもソコでも、ドコでも日本食が手軽に食えて、尚且つ安くて安全で、そしてドコ行ってもウマいというの環境は、日本では当たり前なんですけど、ある意味あり得ないんですよ。

    マジで食に限っては天国に一番近い島国だと思うんだけどなぁ日本って。

    • 切れ込み✲隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2015/03/21 (Sat) 22:32

    私もこと食に関しては日本が最強だなと思います。
    先日も四川料理のお店に突入したんですけど、
    これが思いの外レベルが高くて驚いてしまいました。
    しかも、日本人向きにアレンジするのではなく、
    基本はあくまで大陸の四川料理らしさを外してはいないわけで、
    こういういい料理人が何気に東京の品川区あたりにいるんですから、
    日本の食の奥行きの深さに感動する次第です。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集
  • 2015/03/23 (Mon) 17:01

    だってそもそもそこいらでふつうに生魚が食えるんですから、それだけでも如何に日本がスゴいかが分かろうもんでしょう云々、とかカタっ苦しいことを言わずとも、以前から日本ってちょっと特別というか変態的なトコがあるじゃないですか。

    だって日本食に中華に洋食だなんだかんだをだ、普通に家庭の主婦があーだこーだ言いながら毎日作ってるんですもの。毎日ですよw 

    いくら仏だの伊だの、中もそうですが、食文化が云々と言って、日本ほど無節操と言ってもいいくらいに彩が豊かでバラエティに富んでるの食文化はありませんよ。中国なんか、中華料理ってカテですらなく、自分の生まれ故郷の料理が一番てのが定番なんですからね。そんな封建的で排他的な食「文化」なんぞ文化じゃあないじゃないですか。非文化的だと思うんですよ。

    • 切れ込み✲隊長 #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する