マカオ・カルロスで食い倒れる

carlos1

いまさら、昨年の6月の話で恐縮ですが、
マカオのレストラン・カルロスで飲んで喰いまくった男6人の話です。
マカオはポルトガル領だったので、
その関係であっちっぽい料理、南欧とか、インドっぽいというか、
そういう手のお店が結構あります。
事前にいろいろ調査した結果、
どうしてもカルロスがいい、という意見が2票ありましたので、
迷うことなく突入した次第です。

carlos2

こんなメニューを出されたり、ワインなんて見せられたりすると、
つい舞い上がってしまい、ガツガツいってしまいそうですが、
予想通り吞みかつ喰ってしまいました。

carlos3

これだけ見たらほとんど南欧というかあっちの料理ですよね。
バターと白ワインが効いていて美味しかったんですが、
追加まですることないでしょう、w。

carlos5

これ、塩タラのフライです。
よくわかからないんですが、どうも、ポルトガル人は塩ダラが好きなんだそうで。
ふるさとの味なんだそうです。
タラって、北の海の魚ですよね。
なんでそれでマカオなんですかねえ。

carlos4

そして、これがこの店の名物なんですけど、
塩だらと揚げたジャガイモと玉子の炒め物です。
味付けは塩こしょう程度のシンプルな料理なんですけど、
これ、意外と後に引きます。
食感の良さもあるんでしょうね。
カルロスに行ったら是非食べて欲しい一品です。

というわけで、今夜はちょいと寒いので次回に続く......。




ここだけの話なんですけど、
この日曜日に大嫌いな飛行機に乗る予定です、苦笑。
スポンサーサイト
テーマ: 海外旅行記 - ジャンル: 旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する