米国は大丈夫か?

牛肉のソテーバルサミコソース

土曜日の段階でNY原油は56.52ドルです。
若干、値があがったものの相変わらず1年前と比べたら45パーセント以上の下落です。
にもかかわらず、サウジアラビアは減産をしようとせず、
現在のレベルを維持しようとしています。
先週はロシアのルーブルの暴落が話題になっていましたが、
この価格で青色吐息になっている国はロシアだけではないでしょう。
たとえば、南米のベネズエラ、たとえばイラン、たとえば英国.......。
米国のシェールガスだって採掘方法が複雑なので原油価格暴落はかなり痛いはずです。
ネットで調べてみましたが、シェールガスの採算ラインはふつうで60ドルから70ドルあたり。
安く採掘している業者でも50ドル以下ではかなりきついということです。
このまま、原油安が安定すると、産油国も業者も真っ暗闇ということになります。

吉野家が先週、牛丼を80円値上げしました。
円安の影響もあるのですが、
さらに大きいのは、米国産牛肉の品不足のせいだということです。

同じようにマクドナルドのマックフライポテトが日本に入らなくて、
販売を大幅に絞っています。
日本マクドナルドによると、
「アメリカ西海岸における港湾労使交渉の長期化の影響」によって、
ポテトの安定的な輸入が困難になっているのだそうです。

米国の株価は、高止まりしている上記の副作用は始まり状態が続いていますが、
なんだか嫌な予感がするのは私だけでしょうか。
ギリシャ発の欧州危機が去ったわけではありませんし、
中国の不動産市場は、各地で物件を積み増したまま動きがありません。
地方ノンバンクの破綻も聞こえてきています。
金融・経済がグローバル化した結果、
連鎖反応でたちどころに共倒れになるのは、
リーマンショックの時に経験済みです。
年末に悪い予感がしているんですよねえー。

スポンサーサイト
テーマ: 今日のつぶやき。 - ジャンル: 日記

コメント

  • 2014/12/30 (Tue) 23:33

    まず一つの結果を言いますと、中国のバブル崩壊というか経済的破滅云々とうのは、基本的には米政府や日本政府が崩壊するのと同レベル、あるいはそれよりもリスクが低い(決して「安全」という意味では無いが)と思います。

    理由は、究極的には人民元の輪転機を回せば一義的には解決できる問題であることと、中国が御存じの通り米日以上に強権的独裁政権であることです。当然、そんなコトになったら一大事であることに違いは無いですし、リスクは依然高止まりしていますけど、まだ打ち手はあると小生は思います。

    ところで米経済ですが、かなり堅調ですね。石油の安値は先進国にとっては経済活動上有利に働くでしょうね。特に非産油国の日本にとって、米経済と原油価格、それに120円に届こうかという円安は極めて好材料ではあります。問題は、老百姓もこの恩恵に預かれるかどうかだと思います。

    とにかく、原油価格の下落というのは非常に大きなインパクトを持ってますね。要は需要が伸び悩んでいるからですけど、100ドル台とか、どう考えても行きすぎ感はありましたよね。ただこれは需給の関係もそうですが、資金の逃避も主原因の一つですから、このホットマネーがどう動くのか、これが重要ですね。

    そういう意味では、大量の資金がどこかの通貨に逃げ込んで、98年の通貨危機のような混乱を招くリスクがあると小生は思うんですが。

    いずれにしても、そういう動きが無いと老百姓としては儲けるネタがないので、日本以外のどこかでそういう混乱が発生してくんないかな、と小生は思ってますw

    • 切れ込み☆隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2014/12/31 (Wed) 23:59

    中国の場合、内的要因よりも外的要因で意外とがたつくのではと思っています。もちろん、相変わらずの権力闘争なのでそういう面では突然習さんがしぼんでしまうとうこともあるでしょうけど、
    むしろ、米国との対峙の仕方によっては厳しい局面が現れ、
    それが経済に波及するなんてことがこの2~3年の間にありそうな気もします。

    で、米国なんですけど、今、世界が金融緩和へとあっちこっちが動き始めているでしょう。資金がどんどんだぶついてきているような気がするんですよね。
    それが米国の異常に近い株高に繋がっていると思うんです。
    こういうときって、投資家は、ちょっとしたことで疑心暗鬼になって、
    一気に相場が崩れるという局面が往々にしてあると思うんです。
    ある意味、投資家はそういう局面を待っているとも言えるんです。
    株は暴落したときに仕込みたくなるでしょう。
    なんとなく、胡散臭くてねえ、最近の金融状況は、藁。
    というわけで、来年のどこかでそんなことがあるんじゃないかと思っているわけです。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する