低投票率の選挙を考える

ほのぼの

投票率52%台という情けない選挙が終わりました。
こういう選挙になると、確票を持っている公明党とか共産党が俄然有利になります。
そして、多くの選挙区で公明党の支援を受けている自民党もまた有利になります。
それがそのまんま結果に出たということなのでしょうね。
選挙って、ある意味、国民の意思表示とともにお祭りでもあるんですよね。
お祭りはそれなりの準備が必要なわけで、
その準備をまったく怠っていた民主党が勝てないのは当然なんです。
もちろん、選挙以前に空中分解してしまったみんなの党や維新の会は論外です。
そもそも小選挙区制が取られている以上、
そして、総理に解散権がありいつ何時伝家の宝刀を振り下ろすかわからないとなれば、
常に野党第一党は常在戦場の心構えでいなければいけないはずなんです。
にもかかわらず、民主党はそんな当たり前の準備すらしていなかったわけで、
全選挙区に候補者を立てられない小選挙区制の野党第一党など.....。
となれば、今回の選挙の最大の戦犯は海江田さん率いる民主党であり、
かわいそうだけど、海江田さんが落選して当然であると突き放したくなります。
残念ながら、民主党は、小沢一郎という選挙を仕切る男を失った結果、
戦えない軍団になってしまったということなんでしょう。
おそらく今後の民主党は選挙を仕切れる仕掛け人が今のところいないので、
次期参議院選挙も、あるいは来年の統一地方選もじり貧のまま衰退してきそうです。
民主党は強烈な個性を持った若手が台頭しなおかつ思いっきりメディアで目立ち、
さらに明確な自民党に対する対立軸を作っていかないといけないのではと思いますね。
自民党とここが違うんだという政策をもう一度きちんと作っていかなくては選挙には勝てんでしょう。

それにもまして問題なのはやはり安倍首相なのかもしれませんね。
おそらくは、低投票率は織り込み済みの解散だったんでしょう。
何度もいいますが、投票率が低ければ有利なのは、
はっきりとした組織票を持つ公明党や共産党です。
できる限り風が吹かないよう、その最高のタイミングを見計らっての解散です。
そもそもアベノミクスは安倍さんの言うように途上なわけです。
結果がまだ出ていないアベノミクスが争点にはなりづらいことを
百も承知で争点にしちゃっているわけです。
判断材料にならないものを争点にしてもこれはしらけちゃうだけです。
外交問題にしたところで何か目立った成果を出したであろうかと思えば、
じつはあっちこっち外遊をしたのは確かだけど、
記憶に残ることは何もしていないのが実情でしょう。
まあ、そもそも外交問題は選挙の争点にはなりづらいというが本当でしょうけど、苦笑。

いずれにせよ、自民党が良くなるためには、(けっして自民党がまもな政党だとは思えない)、
野党がきちんと対立軸を示さなければいけないですし、
もっといえば、小選挙区制そのものを再考する必要もあるのではと思うわけです。
そもそも自民と公明の関係って不自然だと思うんですが、いかがでしょう ?
スポンサーサイト
テーマ: 衆議院解散・総選挙 - ジャンル: 政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する