健さんの話

西村寿行『君よ憤怒の河を渉れ』

我が高倉健さんが召されてしまいました。
じつは、ミクシーのプロフィールでも、
好きな映画人ということで、ジーン・ハックマンらとともに健さんの名前を挙げているくらい、
子供の頃から健さんのファンでした。
健さんへのとっかかりは、浅草の映画館で見た網走番外地シリーズでしたが、
健さんに思いっきり傾斜していったのは、
「君よ憤怒の河を渉れ」であり、「新幹線大爆破」であり、
あるいは、「動乱」だったり、「幸せの黄色いハンカチ」などでした。

そういえば「宮本武蔵」の健さんは、佐々木小次郎の役だったんだけど、
なんだか違和感かんじました。
萬屋錦之介の武蔵が圧倒的だったせいもあるけど。

とにかく、たくさん見た健さんの映画の断片が、
あっちこっちに頭の中に散らばっています。
なんだかとってもくやしいです。

合掌........。
スポンサーサイト
テーマ: つぶやき - ジャンル: 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する