日帰りで鉄道三昧

会津で1

昨日、朝5時に起きまして会津へ行ってきました。
我が大井町駅から会津若松駅までの乗車券代5040円でした。
京浜東北線で上野へ、
そして、東北本線というか宇都宮線の快速ラピッドで宇都宮まで。
30分ほどの待ち合わせで黒磯へ。
黒磯では数分の待ち合わせで郡山へ。
郡山からは7分の待ち合わせで特急型快速で会津若松まで。
お昼少し前に到着しました。
関東ではほぼ稲刈りは終わっていましたが、
黒磯以北ではまだかなり刈られていませんでした。
上の画像は猪苗代あたりなんですが、
磐梯山の麓はまだこれからでした。

会津で2

会津若松駅は、基本的に郡山からは車止めのホームに入ります。
ちょうどお昼くらいの時間帯は、会津各地へいろいろな列車が散っていきます。

会津で3

たとえば、最新型のディーゼルE210系は、磐越西線を新津方面に向かいます。

会津で4

一方、会津鉄道の快速は午後1時前に鬼怒川温泉に向けて南下します。
険しい県境越えです。

会津で5

会津鉄道の快速が出発した直後、
今度は只見線の会津川口に向けて上の画像の列車が入線してきます。

会津へ6

先の郡山からの快速とあわせますと、
お昼前後の会津若松駅は各種車両の宝庫となります。
鉄道オタクには至福の時間帯なのであります。
スポンサーサイト
テーマ: 鉄道の旅 - ジャンル: 旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する