ランタオ島・大澳を歩く

大澳1

前回の続きです。
6月のとある月曜日の蒸し暑い香港です。
ランタオ島の大仏様を見た戸越公園南口商店街のおじさん達は、
もちろん、ツアーに参加して香港を探訪しているわけではないので、
自力で昼飯を食べるべく、漁村である大澳目指して、
ランタオバスに乗り込みます。
運ちゃんはすばらしい技術を持っていたわけで、
山から海岸の大澳までワインディングロードを予定よりも5分速く駆け下りました。
なんでアジアのバスの運ちゃんはこんなに飛ばすんだろう、藁。

大澳2

ほんま、のどかな漁村なんです。
香港臭さ限りなくゼロ。

大澳3

山から川が流れ込んでいる上にリアス式の海岸線、
しかも平地が少なく山が迫っているので、
海際、川際に家が建っています。
水面に面した一階部分は、自家用の船のために口が開いています。
船での移動がたやすい漁村です。

大澳5

まあ、多くの人が漁民なんで船が自家用車代わりというところです。

大澳4

というわけで、昼食のために食堂へ。

http://silkroadwind.blog33.fc2.com/blog-entry-1734.html

大澳6

お昼ご飯の後はさらに散策です。

大澳7

大澳8

家の真下の水中にはボラの子供がウジャウジャいるんですよ。
家の下で繁殖しているんですかね。
釣り糸たれたいですね。

大澳9

大澳10

生活のにおいを漂わせながら、
軽くいなして観光客を受け入れている漁村、
そんな感じがしました。
まあ、日曜日にはわっせわっせと都会の人が遊びに来そうですが。

というわけで、香港らしからぬ香港を堪能したわけです。
ここ大澳から東涌駅前のバスターミナルまでおよそ50分。
30分に1本バスが出ています。
ちょうどいい午睡タイムになりました。
駅前のスターバックスでくつろいで、九龍に戻りました。



スポンサーサイト
テーマ: 香港 - ジャンル: 旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する