ランタオ島・大澳のローカルなご飯

6月に香港へ行ったのですが、
今回の旅でいちばんローカル色がいっぱいだったご飯を紹介したいと思います。

ランタオ島・大澳のローカルなご飯1

蓮の葉をしいた蒸籠に山盛りになって出てきたご飯、
咸鮮蝦乾荷葉籠仔飯といいます。
日本語にすると、各種乾物ののった海老塩辛風ペースト味ご飯とでもいいましょうか。
小魚、しらす、イカ、小エビ、干し魚ののったご飯なんですが、
まさに地元の漁師飯といった風情です。
海老のペーストが匂いからして強烈なインパクトを与えていますから、
ちょっと私は無理、という人が出てきそうなご飯です。
実際、この漁師飯に手をつけたのは、私と釣り好きのおじさんだけでしたが、
わたし的には全然問題なしでした。

ランタオ島・大澳のローカルなご飯3

橫水渡小廚 という名前のお店なんですが、
これ、日本語に訳すとなんというのでしょうね。
水路の橋のたもとの小さな食堂、とでもいうのでしょうか。
とても情報を持っていなかったら入れる店ではありません。

ランタオ島・大澳のローカルなご飯2

でも、今回の旅で一番印象に残ったレストランともいえます。
それについては、また今度.......
スポンサーサイト
テーマ: 香港 - ジャンル: 旅行

コメント

  • 2014/08/10 (Sun) 00:19

    小生もこういう食堂、大好きです。
    香港にしょっちゅう行ってるくせに、あまり観光では行かず出張でばかりですから、こういう小生のような悪食に限って滅多にこういうトコ行かないんですから皮肉なモンです。もうね、見るからにカルシウム豊富そうで、PTA推薦のようなメシですね。やはりコメはジャポニカとタイ米の合いの仔のようなヤツだったですか?正直、香港のメシにはタイ米系のあの香港特有の米が似合うと思ってるんですが。

    ところでこの横水渡ですが、「渡」の字は中国では「渡輪」なんかでよく見ます。横水というのは地名でしょうかね。フェリーと言えない小ぶりな渡し船の出ているようなトコにある小さな食堂、じゃないでしょうか。

    • 切れ込み☆隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2014/08/10 (Sun) 21:10

    隊長殿
    お米は隊長の言うとおりあいのこ米みたいなやつでした。
    もちろん、香港ですからあったかいご飯なんですけど、
    海老のペーストの香りがあがっていまして、
    それが好き嫌いの分かれるところなのかもしれません。
    当然、たくわんと野沢菜以外はとりあえず食べられる私ですから、
    ペーストの発酵のにおいなど問題なしでした。

    横水渡ってフェリーのことなんですね。
    ちゃんとと確認しました。
    隊長の言うとおり、ふぇりーというか渡し船の船着き場の脇の小さな食堂、という意味でした。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する