新疆(東トルキスタン)は大丈夫か ?

えいてぃーがる

7月28日の夜、新疆ウイグル自治区のカシュガル地区ヤルカンドで、
武装組織が公安などに襲撃したニュースは日本でもしっかりと報道されました。

【7月30日 AFP】中国西部・新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)で28日未明、刃物で武装した暴徒に警察が発砲、数十人を射殺したと、国営メディアが29日報じた。住民の多くがイスラム教徒の少数民族ウイグル人である同自治区で、また暴力事件が発生したとみられる。

 国営新華社(Xinhua)通信が地元警察の話として伝えたところによると、ヤルカンド(漢語名:莎車 Shache)県で28日未明、「ナイフやおので武装した集団が派出所や地元政府庁舎を攻撃した」という。

 その後暴徒の一部は近くの町に移動し、「行く先々で住民を襲い、車を破壊した。ウイグル族や漢族の住民数十人が死傷した」としている。新華社は、初期捜査を行った地元警察がこの事件を「組織的で計画的なテロ攻撃」と断定したと報じている。
世界ウイグル会議(World Uighur Congress、WUC)の広報担当者、ディルシャット・ラシット(Dilxat Raxit)氏は地元情報筋の話として、武装した当局者によってウイグル族20人以上が死亡、10人が負傷したと発表。一方、中国当局側の死傷者は合わせて13人で、67人前後が逮捕されたとしている。

 新疆ウイグル自治区での暴力事件については、警察との衝突があった場合は特に、公式発表が遅れるのは珍しくない。中国当局は決まって、同自治区の分離独立派によるテロ攻撃だという見方を示している。類似事件は過去1年で規模が拡大しており、不安定化している同自治区の外にも広がっている。



このブログでも記事として載せていますが、
6月にもこの地域で襲撃事件がありました。
じつはこのあたりの地域は、新疆の中でもとりわけ反政府事件が多いところで、
しかも、住民の多数派はウイグルの人々ということで、
なかなか本当の意味での収束というのは難しい状況になりつつあります。
習主席がカシュガルまでやってきて、公安や武装警察にてこ入れしたというのに、
まったく効果が出ていない、というのが今の状況でしょう。


まずいことに..........


中国最大モスクの指導者、殺害される 新疆ウイグル
AFP=時事 8月1日(金)13時22分配信

【AFP=時事】政情不安が続く中国西部・新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)のカシュガル(Kashgar)市で7月30日、同国最大のモスク(イスラム礼拝所)の指導者が殺害された。同自治区政府が31日、発表した。

新疆ウイグル自治区の政府系サイト「天山網(Tianshan)」によると、カシュガルにある創建600年のモスク、エイティガール寺院(Id Kah)で30日朝の礼拝後に、政府から任命された同寺院の指導者ジュメ・タヒール(Jume Tahir)師(74)が「宗教的な原理主義の影響を受けた暴漢3人」に殺害された。

 天山網によると、総動員で捜査に乗り出した警察は同日正午ごろ、「刃物とおの」で激しく抵抗する容疑者3人のうち2人を射殺し、残る1人を逮捕した。天山網は、タヒール師殺害は「計画的犯行」であり、容疑者らは「残虐非道な殺害」を計画し「『何か大きなことをすること』で自分たちの影響力を拡大しようとしていた」と報じている。

 米政府が出資するラジオ・フリー・アジア(Radio Free Asia、RFA)はこれに先がけウェブサイトで、タヒール師は礼拝所の外で血の海の中に倒れ死亡した状態で発見されたと報じた。

 イスラム教徒が大半を占める少数民族ウイグル人が住む新疆ウイグル自治区で激化している暴力は昨年、中国の他の地域へも飛び火した。

 中国では、イマムと呼ばれるイスラム教指導者や他の宗教の指導者は政府によって任命され、説教の中身は厳しく管理されている。31日の国営新華社(Xinhua)通信によると、タヒール師は「中国国内のイスラム教徒の間で非常に高名だった」という。

 一方、AFPの電子メール取材に応じた亡命ウイグル人組織「世界ウイグル会議(World Uyghur Congress、WUC)」の広報担当ディルシャット・ラシット(Dilxat Raxit)氏は殺害事件を非難せずに、「この地域の中国政府の政策は、時に起こるべきことでないことを引き起こす。現地のウイグル人たちによれば、ジュメ・タヒール師は常に政府に協力し、宗教活動の監視を支援し、同モスクにおける自分の地位を利用し、ウイグル人には受け入れがたい中国政府の政策を促進していたという。地元のウイグル人たちは、同師が中国の公安省と特別な関係にあるのではないかと疑っていた」と語った。



ウイグルの人々の中にも、なんとか中共政府や漢族と折り合って生きていこうと考える人たちがいます。
先鋭化しているウイグルの人々の中には、そういう親中共派とも言うべき人々を、
排除すべきだという考えが蔓延していたとしてもある意味当然の話なのかもしれません。
結果、ウイグルの中での分裂、あげく今回のような疑心暗鬼の中での宗教指導者への攻撃という、
最悪の道を選択してしまったのは、新疆のウイグルの人々の複雑さを露呈してしまったともいえそうです。
それにしても、........
新疆ネタがいつまでもこういう悲しいネタばかりというのは、
彼の地へ行ったことのある身としては悲しい限りです。
スポンサーサイト
テーマ: 中国 - ジャンル: 海外情報

コメント

  • 2014/08/02 (Sat) 03:29

    まぁアソコに行って思ったのは、新疆は中国じゃないってことですよ。人の顔、文化、地形、漢族の伝統が一つも通用しないものばかりですものw アソコを中国固有の領土と言い切るのは無理が有るなあ、と思いますね。

    しかしそれにしてもだ、ウイグルの中の人はバカだと言いたいですわ。血の気の多いのは致し方ないとしても、ナイフと斧でテロとか、死にに行くようなモノじゃないですか。最初から成功するの確率ブチ下げてどうするんでしょうか。特攻隊のつもりでしょうか。自爆テロの新疆版のつもりでしょうか。もう少しアタマ使ってくれ。

    • 切れ込み☆隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2014/08/02 (Sat) 17:52

    日本人は革命がなんたるものか理解していないので、おおきなことは言えないのですが、
    革命って、こうやって大地に少しずつ血を流して、
    そして、あるとき、突然、沸点に到達するのではないかななあと思ったりします。
    中国の歴史を見ても、最初は名もなき人々の流血から始まったのではと思うわけです。
    ただ、現代社会においてこういう無謀な流血の積み重ねが革命に繋がるとは必ずしも言えないと思いますが。

    隊長がいうように、仮に独立が成功しても地政学的に見て、ウイグルは中国と接している以上、
    中国を全面否定して生き残るのはかなり難しいわけで、
    そんなことを考えるとチベットとともに本当に難しい地域だと思います。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する