中国共産党は粛正中 ?

ここのところ、中国共産党のお偉方、とくに軍部の皆さんが、
汚職で粛正にあっています。
こんなに矢継ぎ早に粛正が行われること自体、
今までに例がなかったことなので、
中共の大きな危機感の表れなのかな、という感じがします。
とともに、これだけ厳しく軍部にメスを入れたわけですから、
習総書記が軍部にある程度の基盤をつくりつつある、ということなのかもしれません。


叶万勇

軍の高官が相つぎ失脚か 憶測飛び交う

【大紀元日本6月30日】6月25日に閉幕した中国人民政治協商会議委員会第6回会議は、四川省共産党委員会の前常務委員、同省軍区の前トップ叶万勇(61)の委員資格の剥奪を発表した。同会議がその理由を説明していないため、様々な憶測が飛び交っている。
叶は軍部出身で、今年1月に上記の2つの役職から退任した。
外国メディアは以前、叶の失脚を以下のように報道していた。

 フランスのRFIラジオや香港の英字新聞サウスチャイナ・モーニング・ポストは、5月には叶、その1カ月前にはチベット軍区の副政委(二番手)で四川省軍区に長く所属していた衛晋が勾留されたと報じていた。軍の二番目の実力者で党中央軍事委員会の副主席、江沢民の腹心である徐才厚の汚職事件に関連しているという。
 同香港紙は、今年3月に徐とその一族は汚職容疑で身柄を拘束されたとも報じた。中国政府の公式発表はまだない。

 一方、 叶は、四川省重慶市前トップの薄煕来無期懲役囚らによる「習近平顛覆」の政変計画に関与していたとの説もある。


徐才厚

中国軍の元ナンバー2、徐才厚氏の党籍剥奪 収賄疑い、軍法会議訴追へ

2014.6.30 19:56 [中国]
 【北京=矢板明夫】中国共産党中央政治局は30日、収賄などを理由に徐才厚・前中央軍事委員会副主席(71)に対し、党籍剥奪の処分を下した。軍の元ナンバー2にあたる徐氏の身柄は今後、党の規律部門から検察に送られ、軍法会議への訴追手続きに入る。1970年代末に始まった改革開放以降、制服組の最高位を務めた軍首脳経験者が失脚したのは初めて。中国の政界と軍内に激震を与えるのは必至だ。

 習近平総書記(国家主席)が議長役を務めた政治局会議では、中央軍事委員会の規律検査機関がまとめた徐氏の捜査結果が報告された。規律違反の内容として、国営新華社通信は「職務の権限を利用して他人の昇進を助けて賄賂を受け取った」などと指弾。収賄額は明らかにされていない。

 徐氏は陸軍の政治将校出身。集団軍の政治委員や、軍の機関紙、解放軍報社長、軍総政治部主任などを歴任した。江沢民元国家主席に近いとされ、胡錦濤政権下の2004年から12年まで8年間も制服組のトップである軍事委員会副主席を務めた。この間、党指導部メンバーである政治局員にも選ばれた。最終階級は大将にあたる上将だった。

 中国メディアによると、徐氏は今年の全人代閉幕後の3月15日から正式に党規律部門から調査を受けた。また、周永康元政治局常務委員の側近だった李東生・公安省元次官と蒋潔敏・国有石油会社元会長らも6月30日、党籍を剥奪された。


蘇栄

首相クラスの蘇栄が失脚 専門家「情勢変化に目が離せない」

【大紀元日本6月17日】中国共産党中央紀律検査委員会(中紀委)は14日、国政助言機関の全国人民政治協商会議の蘇栄副主席(66)が「紀律、法律を厳重に違反した」として取り調べを受けていると発表した。詳しい容疑についての説明はなかった。蘇は副首相級の高官で、習近平体制の発足後、相つぎ失脚した汚職幹部の中でもっとも官職が高い。

 蘇は江沢民派の中心メンバー、中国共産党中央政治局常務委員会(党の最高意思決定機関)の元常務委員で曾慶紅元国家副主席の腹心とも言われている。

 この20数年間で、2012年の薄熙来に続いて失脚した5人目の最高指導部高官である蘇は、もともと吉林省の地方幹部だった。蘇は、1999年から江沢民派に協力して法輪功弾圧に積極的に参加したため、曾の目に止まり大抜擢された。青海省、甘粛省、江西省(曾の古巣)のトップ、中央党校(党エリート幹部養成機関)の副校長などを経て、2013年はじめ、同会議の副主席になった。


万慶良


広州市トップが「重大な規律・法律違反」の疑いで解任=中国共産党

サーチナ 6月30日(月)16時17分配信
<新華社によると中国共産党中央は広東省広州市の共産党委員会のトップ、万慶良書記を「入内な規律・法律違反の疑い」により解任した。共産党の中央紀律委員会と政府・監察部は27日時点で、万書記を調査中と発表していた。

 中国共産党は各地に事実上の支部である「委員会」を設置している。そのトップは「書記」と呼ばれる。市の場合、「市長」は「行政のトップ」との位置づけだが、共産党委員会の書記は立法、行政、司法など「社会すべてにわたって指導する」立場であり、市長よりも地位が高い「事実上の市のトップ」だ。

 これまでの通例によると、共産党が万前書記に対して「調査」と呼ばれる事実上の取り調べと捜査を進め、容疑がかたまったと判断した時点で、万前書記の身柄と資料を司法機関に引き渡すことになる。

 万前書記は1962年2月生まれ。本籍は広東省。同省?陽市市長共産党同市委員会書記、広東省副省長、広州市市長などを経て、2012年に共産党広州市委員会の書記に就任した。(編集担当:如月隼人)

スポンサーサイト
テーマ: 中国 - ジャンル: 海外情報

コメント

  • 2014/07/06 (Sun) 06:23

    なんかこう、中国の軍関係でオモテに出てくる人ってのは、どうしてこうも揃いも揃って如何にも軍人らしさと真逆の顔つきしてるんでしょうか。なんかNHKのBSのアナウンサーと言われても全然違和感有りません。

    牙を抜かれた自衛隊のトップのほうがよほどマシな面構えしてますし、雨のナンタラいう将軍らのほうがまだ精悍な顔つきしてます。まぁもっとも雨チャンはここ10年以上戦争ばっかりしてますから別かなw

    それにしても、習が軍を揺さぶると、その火の粉は絶対に日本に降り掛かってきますね。軍を刺激した余波が習政権を襲い、民意を締める為に「反日」という思考停止級愛国カードを切って体制固めのカンフル剤打ちますから。もしもそれが「反米」という劇薬なら、よほど習の周囲が危ういということの証拠でしょうね。

    習は、石油閥の粛正もそうですが、もうこういった性的、もとい政敵の粛正は後に引けない感がありますし、彼らが一緒くたになって掛かって来られても困るでしょうから、戦国時代のセオリーに則って、十把一絡げで死刑にするべきでしょう。ここで下手に手心を加えたり、遵法精神の欠片を見せるのは、相手に付け込む隙を与えるだけです。こうなったら徹底的にやるだけです。

    というわけで、こういう政争てのは中国人、元々大好きですし大得意ですから、おそらく経緯はどうあれ習がこうやって政治ネタを仕込むのはおそらく正解だと思うんですが、さて肝心の経済はどうなることやら。一部では、元が対ドルで三分の一になるとかいうデマも実しやかに囁かれている訳ですが...小生は楽観論者ですがねw

    • 切れ込み☆隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2014/07/06 (Sun) 21:45

    >NHKのBSのアナウンサーと言われても全然違和感有りません。
    これには笑いました!
    ホント、NHKで違和感ないですね。
    軍人が持っている鋭さみたいなものは写真から何一つ感じられないですね。
    たたき上げではないただの縁故で入隊し昇進した将軍なんじゃないかなあ。

    >一部では、元が対ドルで三分の一になるとかいうデマも実しやかに囁かれている訳ですが

    いやあ、そうなったらすげえまずくないっすか。w
    私も楽観論者でいよっと。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する