ホーチミンで中華料理を...泓龍軒

泓龍軒1

さて、一気に突っ走ってきた2013年6月のホーチミンですが、
やっと大団円ということになりました。
最後は、ホーチミン市内、市民劇場のすぐ近くにある「泓龍軒」ということにします。

泓龍軒8

メニューからしてじつは中華っぽくないですね。
フランス料理の店でも通用しそうです。

泓龍軒2

まずは冷菜から。
初っぱなから充実の中華です。
とくに叉焼が美味でした。
適度な甘さは香港仕込み?

泓龍軒3

支配人おすすめがソフトクラブの唐揚げ。
日本ではなかなか食べられないですよね。

泓龍軒7

海老の四川風の炒め物です。
素材がいいので食べ過ぎちゃいます。

泓龍軒4

どうしても青菜の炒め物は私にとって必須です。
今回の旅では、ほとんど独断と偏見で私が料理を選んでます。

泓龍軒5

夜7時くらいなんですけど、全くもって満席です。
人気のレストランなんですね。

泓龍軒9

当然、麻婆豆腐に行きます。
四川では麻婆を頼む勇気はないですが、
ベトナムですからねえ。
案の定、あまりからくありませんでしたし、
山椒のしびれがありませんでしたが、
わたし的には抜群に美味しかったです。

泓龍軒6

締めは、福建あんかけチャーハンです。
これも具がたくさんでおいしゅうございました。
ここでもお酒は、ビールかワインです。
紹興酒やマオタイは置いてなかったです。
しめて、ひとりあたり1800円です。


というわけで、これにてベトナム・ホーチミン編はおしまい。
これで心置きなく明日、香港に旅立てます、藁。
それでは......。

スポンサーサイト
テーマ: ベトナム旅行 - ジャンル: 旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する