再度、チョロン散歩です。

チョロン散歩20

まだ、ホーチミンのお話です。
一度ホテルに戻りましてメンバーとモーニングをしながら、
チョロンの話をしましたら、
俄然、メンバーが色めき出しまして、藁、
再び、日本人ご一行様で市内バスにごそごそ乗り込み、
チョロンへとって返すことになりました。

チョロン散歩21

朝ひとりでチョロンへ向かったときとは一変し、
町は通勤ラッシュだかなんだかで、バイクがあふれています。

チョロン散歩22

台湾もそうですが、それよりはるかに無秩序にバイクがあふれています。
車のドライバーは難儀でしょうね。

チョロン散歩23

で、チョロンの市場周辺を散策したんですが、
こちらも様子が一変、藁。
まさに人、自転車、バイクとあふれ出ています。

チョロン散歩24

それにしてもこの活気.........
意味もなくおっさんは興奮してしまったとさ。

チョロン散歩26

チョロン散歩27

上は乾麺です。
米系もあり、小麦系もあり....
下は各種砂糖です。
これだけの種類の砂糖を目の当たりにしたのは初めてです。
うーん、食文化が爛熟している、っていうかんじてす。

チョロン散歩25

こんなに強烈な市場界隈は我が人生で初めてです。
同じホーチミンでも、街の中心にあるペンタイン市場でもこれほどの勢いと規模ではありませんでした。
とにかく、その猥雑なるエネルギーは、
慣れない日本人なら1時間といられないでしょう。
わたし的には、混沌のすばらしさとでもいいましょうか、w。

あー、また行きてえ-。
スポンサーサイト
テーマ: ベトナム旅行 - ジャンル: 旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する