トワイライトエクスプレスはおろか......

DSCN2459.jpg

先日、トワイライトエクスプレスが来年の3月で廃止になるという、
鉄道ファンにとってどうにもならない怒りを覚えるニュースが飛びこんできましたが、
なんと、北斗星とカシオペアも廃止しようという動きが表面化してきました。

鉄道ファンあこがれの寝台特急が、姿を消すかもしれない。JR西日本は28日、車両の老朽化を主な理由に、国内最長路線の寝台特急「トワイライトエクスプレス」(大阪―札幌)の来春限りでの引退を発表。2年後に北海道新幹線が開業するため、東京・上野と札幌を結び、2番目に走行距離が長い寝台特急「北斗星」と「カシオペア」も、廃止が検討されている。
「あけぼの」(上野―青森)の3月廃止で、定期運行する青い寝台車の「ブルートレイン」は北斗星だけになった。1編成あたりの客車と電源車計12両はJR北海道と東日本で保有。1988年に運行を始めた。
 28日の上野駅13番ホーム。発車20分前の午後6時40分、北斗星がゆっくり入ってきた。駅弁と缶ビールを持って乗り込んだ札幌市南区の会社員山次(やまつぎ)孝幸さん(45)は、10年ほど前に旅行で初めて乗り、ここ5~6年は東京出張で使う。「心地よく寝られるし、旅情もある。ふだん考えないようなことを、じっくり考えるいい機会なんです」
JR札幌駅でも存続を願う声が。千葉県市川市から新婚旅行で北海道に来た亀山真司さん(29)とめぐみさん(34)は「なくなりそうだと聞き、ぜひ乗りたいと思いました。新幹線とは違う味わいがある」。
2016年春に北海道新幹線の新青森―新函館(仮称)が開通すると、北海道と本州を結ぶ青函トンネルの電圧が2万ボルトから2万5千ボルトに上がる。これまで寝台列車を引っ張ってきた機関車は、使えなくなる。
JR北の島田修社長は今月の会見で、「新しい機関車を製造するつもりはない」と断言した。機関車の製造費は、1両あたり2億~3億円といわれる新幹線よりも高いという。
 ほぼ隔日運行の「カシオペア」は、すべて個室の高級寝台列車。99年に運行を始め、車両はJR東が所有する。JR東のある幹部は「北海道新幹線の保守点検の時間の確保なども考えると、廃止も含め、検討せざるを得ない」と明かす。


新幹線をまったく愛していない私にとって、
寝台列車が消えてしまうのはいかんともし難いです。
そもそも、こんな小さな国に寝台車があるということが不思議なのだと
いわれてしまえばそれまでなんですけど.....

仕方ないなあ、やっぱり中国へ行って乗るしかないか。
とりあえず、北京-香港間かあー。
スポンサーサイト
テーマ: 鉄道 - ジャンル: 趣味・実用

コメント

  • 2014/05/30 (Fri) 21:06

    寝台車も割引ドーンとすれば利用者増えると思うけどなあ。JRさん頼んますよ。トルファンさんJR九州の「ななつ星」は乗ってみたいですか?。

  • 2014/05/31 (Sat) 06:57

    JJ さん
    寝台車ってちょっと割高感がありますからねえ。あけぼのみたいにゴロンとシートをもうけるとかすればいいのではないかなあ。
    「ななつ星」のアイデアはいいんですけど、値段が高すぎ、苦笑。
    やっぱり九州内で完結しないで、東京-鹿児島中央間で走らせてほほしいなあ。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集
  • 2014/06/01 (Sun) 01:54

    寝台車ってどういうメリットがあるんでしょうか?
    早い?安い?そうでなかったら爺婆しか乗らないような気が...。

    • 切れ込み☆隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2014/06/01 (Sun) 17:41

    夜汽車に揺られる醍醐味をご存じないとは、苦笑。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集
  • 2014/06/02 (Mon) 22:18

    先輩と自転車老師は揺られる醍醐味を感じ過ぎだと思うんですぇw

  • 2014/06/03 (Tue) 17:39

    次はベトナム横断鉄道の鈍行だあー。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する