羅援少将のご意見です

無題

2014年5月25日、台湾紙・蘋果日報によると、飛行中の自衛隊機に中国軍の戦闘機が異常接近したことについて、北京軍事科学院研究員でもある中国人民解放軍の羅援(ルオ・ユエン)少将は「中ロ軍事演習は外交ルートを通じてあらかじめ伝えており、国際的な慣例でも当該空域は飛行禁止になるが、日本の偵察機は明らかに禁止空域を飛行していた」とし、「撃墜しなかっただけでも、中国は十分我慢している」と述べた。

記事によると、24日午前11時ごろ、海上自衛隊のOP-3C偵察機が中ロ合同軍事演習の行われている海域の上空を偵察飛行し、12時ごろにはYS-11EB電子偵察機が演習区域上空を偵察飛行した。防衛省は日本の偵察機が空対空ミサイルを搭載した中国空軍のSu-27戦闘機2機に進路を遮られ、1機がOP-3Cから距離50メートルにまで接近、YS-11EBには距離30メートルにまで接近され、中国の戦闘機が日本の自衛隊機に100メートル以内にまで接近したのはこれが初であるとしている。

日本は中国の戦闘機の行為を「異常接近」だとし、「危険な行為」として中国政府に抗議。当該空域は日本と中国の防空識別圏(ADIZ)が重なる空域だった。中国国防部は日本が演習空域に侵入したことは誤解を生じさせるものであり、突発的な事故を招くものだと指摘。日本側が国際法違反と国際的なルールを無視したものとして、日本に厳しく取り締まるよう緊急要請した。


中国の軍事にちょっと詳しい人なら、
羅援という名前を聞いただけで、苦笑いすると思います。
それくらい、まあ、いろんなご発言で世間を賑わしているんですが、
この方、中国の軍事オタクの皆さんの間でも意外と人気がありません、w。
というわけで、過去のご意見のいくつかを紹介します。

中国国旗を尖閣諸島の海底に突き刺せ

日中開戦なら日本は中国のミサイルで火の海

日本など中国の防空識別圏にとやかく言う国は、後ろめたい考えがありびくびくしているのだ

中国は日本へ十分に礼を尽くした、次は必ず兵を送る

中国は北朝鮮で17カ国の国連軍も恐れなかった   etc


よくもまあ、平和条約を結んでいる相手国に対して言い放ったもんですが、
じつは、この羅援氏、
かつて中国のネット上で敵前逃亡したことが暴露されてしまったのです。
この羅援氏のお父さんが周恩来首相のブレーンだったそうなのですが、
ちょうど1979年に中国とベトナムの間で戦闘状態になったとき、
羅援氏がこの前線にいたため、
お父上の力で北京に呼び戻してもらったということが明るみに出てしまったのです。

というわけで、
何かと曰くありげな羅援氏、
単なるパフォーマーだけで終わればいいんですがねえ。
どうも、最近の中国の軍部は、抑えが効いていないようで、
習近平が軍部に引きずられているのでは勘ぐっている私なんで、
ちょっと不安です........
スポンサーサイト

コメント

  • 2014/05/27 (Tue) 23:38

    まあ偏西風の存在も勉強した事が無い政治将校ですからねぇ。除隊して小学校の理科から勉強し直した方が良いと思われ。

  • 2014/05/28 (Wed) 21:46

    こういう軍人がいるというだけで、人民解放軍のレベルがわかるというものです。
    それにしても政治将校なんて、前時代の遺物ですね。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集
  • 2014/05/31 (Sat) 18:22

    まぁこの人ある意味ネタ扱いですからね。
    中国側でもどう扱っていいのか分からんのでは。
    少将なので地位は低くはないが、決してトップというわけでもない。
    発言が切欠で炎上したり、関係を損なうなどの舌禍を起こしても、
    切ってしまっても組織には影響無いと言えば無いですからね。
    本人はそのヘン、覚悟してんのかな??

    • 切れ込み☆隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2014/05/31 (Sat) 22:05

    隊長殿
    このひと、中国のネット上でもかなり評判悪いですね、w。
    こういう人がどうして高級軍人として存在しうるのか、
    まあ、共産党幹部の子弟といえばそれまでなんでしょうけど。
    大丈夫なのか、人民解放軍、藁。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する