道明寺さくら餅を作りながら思う

道明寺桜餅


今日、ラジオを聞きながら、
日本の政治家のいい加減さにあらためて脱帽しました、苦笑。

新藤総務相が靖国神社を参拝
2014年4月12日12時50分
 新藤義孝総務相が12日、東京の靖国神社に参拝した。今年の靖国神社の春季例大祭は21~23日だが、その直後にオバマ米大統領が来日する予定だ。新藤氏は日米首脳会談を控え、自らの靖国参拝が外交問題化することを避けるため、参拝時期を前倒ししたとみられる。
 新藤氏は参拝後、記者団に「戦争で命を落とした方々に哀悼を捧げることはどこの国でも行われる」と強調。中国や韓国から反発が予想されることについて、「私的な行為であり、他国に制限されることには当たらない」と述べた。


こういう政治家は、こんなパフォーマンスがかっこいいとでも思っているんでしょうかね。
中国や韓国がガタガタ言うのを承知の上で参拝しているわけですから、
もう確信犯なのでしょうけど、
そんなことをしていったいどんな国益があるんでしょうか。
外交上明らかなマイナス行為であることをわかっていながらの私的行為の実行なのでしょうが、
自分勝手もたいていにしたほうが.....。
しかも、もし、オバマ米大統領が来日のためという理由で前倒ししたとするなら、
その好い加減さに拍車がかかっている以外何物でもないでしょう。
私的行為なら、堂々と春季例大祭に参拝したらいいんです。
「他国に制限されることには当たらない」のなら、米国も気にしなければいいんです。
大した覚悟もないのに、一部受けを狙ったパフォーマンスなんかするんじゃないと、
あえて言わせていただきます。


スポンサーサイト
テーマ: 日々のつれづれ - ジャンル: 日記

コメント

  • 2014/04/13 (Sun) 00:47

    小物の癖に大物ぶるんじゃないよ、と。
    オマエが靖国に行こうが行くまいが、国民はどうでもいいんだけど、国務大臣が靖国に行くということがどれだけ国益を損ねるのか分かってんのか、と。安倍もそうだしこの新藤とかいうボケナス野郎、政治家として必要なものに著しく欠けていると思わざるをえませんね。

    洋の東西を問わず、政治家てのは、自分の信念がどうであれ国の利益になることをしなければイケナイわけで、それが今の世の中で最も顕著なのが経済なわけです。靖国に行って日本の経済にどういうプラスがあんのか言ってみろ新藤。今の時期に靖国に行くのがどういう影響があるのか、新藤オマエ全部責任取れよな。

    • 切れ込み☆隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2014/04/14 (Mon) 16:24

    こういうダブルスタンダードの政治家に腹が立つんですよね。
    こんな小物の政治家なんかどうでもいいですけど、
    一国の首相たる人までが、大差無いというのがこの国の情けなさなんですよね。
    個人のくだらない思い入れで国を誤るようなことは、本当にしてほしくないです。
    安倍首相にはほんと早く気づいてほしい。

    まあ、カウンターパートの周とかいう人もちょっと危ういのが困るんですけど。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する